スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ラッキー7の男【クラス変更 篇】
2007年04月22日 (日) | 編集 |
先週の金曜日、伊織クンが現在通っている保育園の園長先生から、

『お母さん、急で申し訳ないんだけどね・・・伊織クンの保育の件でお話がしたいんだけど、時間取れるかしら??』

という申し出がありました。。


え?何だろう??
もしやラッキー7の男・・・・・何かしでかしたのでは???


と一瞬不安になったのですが、
話し合いの内容は・・・・・

現在伊織クンのクラスは4歳児クラスなのですが、色々な事情を考慮して、クラスを3歳児クラスに移した方が伊織クンのためになるのでないか・・・


という事でした。。
正直、話を持ち出された時は、


え??色々な事情??
え??3歳児クラスに降ろすの??


という戸惑いの方が大きかったのですが、
園長先生のお話や、実際に伊織クンをみている担任の先生方のお話を聞いて、

色々な事情

というものがどんな事情なのかが見えてきました。。


【園長先生と担任の先生からのお話】
・現在20名の4歳児クラスの中に3名の障害児が在籍。。(内2名の子が自閉症による発達障害・伊織クンは染色体異常による発達障害)

・2名の子はパニック・多動の傾向が強いのに対し、伊織クンは保育のほとんどの時間を一人で過ごそうとする傾向が強い。まさに静と動の状態であるのだが、今のところ、2名の子に加配の保育士がつきっきりになっている状態で、伊織クンとの関わりの時間が平等にとれていない。。

・3名の障害児以外にも多動傾向の強い子が何名かいて、園から逃走をはかろうとするためやむを得ず、このクラスは園の2階に一室だけある教室を使用しているのだが、他の教室と比べて狭いし園庭にでられる機会が少ない。。遊びのレパートリーに乏しい伊織クンには、特に生活環境としてよくないのでは・・・・・。。

・男の子が多く、彼らの教室内での遊びは激しい動きが多い。。伊織クンの場所の確保に努力しているが、なかなかうまくいかない。。危険な場面も何度かあった。。




なるほど・・・・・・・・
とりあえず、ラッキー7の男・・・・・・何かしでかした訳ではなかったのね。。(ホっ)



でも・・・・・・
う~~~ん・・・・・・・
今いちピンっとこないものが・・・・・


危険な場面が何度かあった、っていうのは気になりますが・・・どの程度なんだろう??



少々の青アザやすり傷くらいなら~~・・・・
↑あの鈍チン男にはちょうどいいかも???



え??それとも、骨折とか、ぶつかって倒れた拍子に脳しんとうおこしそうになったとか・・・・・?????



それだったらちょっと怖いなぁ~~・・・・・



でもそこまでではないのなら・・・・
う~~~ん・・・・・
やっぱり同じ年の子たちの動きの中に入れていたほうがいいのかなぁ・・・・、っても思うし・・・・



とまぁ、お話を聞いた時点では、何とも言え難い状態の怪獣と観音パパであったのではありますが、
園長先生の計らいで、半年に一回障害児に対して発達テストと心理判定を行ってもらっている市の臨床心理士のT先生の意見も聞けることになりました。。



T先生には伊織クンが1歳の頃、市の母子通園施設に通うようになった時からお世話になっているのですが、実は私やパパはこのT先生には絶大な信頼を寄せております。。
たぶん私たちだけではなく、同じ市内に住んでいる障害児を持つ親御さんたちはほとんどの方がそうではないしょうか。。


そのT先生は、定期的に市の保育園を巡回指導のため回っているのですが、18日水曜日に伊織クンの通っている保育園にいらっしゃって下さるということなので、その時にクラス変更についてのT先生の意見も聞けることになったのです。。




T先生の意見を聞く前に、T先生から逆に、
『お母さん、先月伊織クンの発達テストをさせてもらって、今彼は1歳半の発達課題の壁に直面してきている、というお話をさせてもらったんだけど、あれから僅か1ヶ月しか経っていないのに、今日の園での彼の様子と発達テストをみている限りでは、すでにクリアしかけているんだけど・・・・・・
何か変わった事がありました??』



と聞かれました。。
思いもかけないT先生のこの発言に、思わず怪獣は、日ごろ上品な母親を演じている事も忘れ、



え~~~????先生、それっマジっ???



・・・・・・その場にふさわしくない言葉使いで応えてしまいました・・・



でも家ではそんなに劇的に変わった様子を感じられるわけではなく、たった1ヶ月でそんなに成長している、とは思えないのですが・・・・


そういえば音楽療法で通っているアンカリヨンの先生も、手術後初のレッスンで似たような事おっしゃっていました。。


思い当たる節といえば・・・・・・
デベソの手術の際に鼓膜チューブを入れたことでしょうか。。

伊織クンは約3年、滲出性中耳炎と急性中耳炎を繰り返し患っていたので、難聴とまではいかなくても、クリアな音を聞いたことがなかったようなのですが、鼓膜チューブを入れたことによって、音の聞こえ方には大きな変化があったみたいです。。



その事をT先生に伝えると、


あぁ~~・・・・そのせいかなぁ・・・。。
で、これはもしかするとねぇ、お母さん・・・・・、
伊織クンは私達が思っている以上に出来るんじゃないかなぁ。。
彼はすごく気分屋なところもあるでしょ??
ホントは出来るんだけど、大人が《やってごらん》って促した事に対して《わざとやらない》っていうところがあるでしょ??



↑すごく納得しながら大きく頷く怪獣。。


今までは、《音の聞こえが悪い》という不快感のせいもあるかもしれない。。
でも今は大好きな《音》の世界がクリアになっているもんだから、割と素直に応じる、というか、やる気がでてきた、というか・・・・。。
だったら尚更、今の伊織クンには

【集団の中に導く特定の大人】

が付いていた方がいいのかもしれない。。
3歳児クラスなら1階に教室があるし、職員室にも自由に出入りができるから担任の先生以外にも伊織クンと関われる人が常時いるし、伊織クンにとっての園での生活環境を考えてもそっちの方がいいかもよ。。

それに3歳の子達の方が伊織クンと近い動きをするので、4歳児の子達よりはずっと輪の中に入っていきやすいかも。。




鶴の一声・・・・
という訳ではないのですが・・・・


ものすご~~く、ものすご~~く納得してしまった怪獣です。。


確かに3歳児の子供達の遊びの方が、今の伊織クンにも着いて行ける遊びが多いと思います。。


例えば伊織クンが大好きな《追いかけごっこ》にしても、4歳の子供達の《追いかけごっこ》にはストーリが備わっており、配役なんかもあったりして、伊織クンにとっては非常に高度な遊びに対し、3歳の子達の《追いかけごっこ》は、単純に《追いかけごっこ》なので、伊織クンでも充分に楽しむ事ができます。。


まぁそんな訳で、今回は園の提案にありがたく甘える事にいたしました。。


来週から伊織クンは3歳児クラスへと編入することになりま~す。。
↑まっ本人はほとんど、クラス替えをしたということもわかってないんだろうなぁ~~。。(笑)




いつも、いつも応援ありがとうございますっ。。本当に感謝しております!!
にほんブログ村 子育てブログ 障害児育児へ
コメント
この記事へのコメント
コメントありがとうございますっ!!!

v-47《yuurakusyaさん》
yuurakusyaさん、コメントありがとうございます!
音の聞こえ方が良くなったせいか、周りの人の声かけに対して無視することが減ってきました。。v-290
夜もぐっすり寝てくれるので、朝は元気いっぱいです。。
本当にこれからの成長が楽しみです♪


v-441《すみれさん》
あのね、最初は本当に一瞬戸惑ったんだけど、いやぁ・・・・・・・これは本当にありがたいことだなぁ・・・・って今はしみじみ実感しています。。
今の伊織クンにとって何が必要か・・・ってことを見極める事も大事だし、でも分かっていても中々そういう環境に持っていけないことの方が多いと思うんだけど、今回は園長先生や担任の先生からこの話を提案してくれたので、本当に私たちは恵まれてるな~って感じたよ♪

で、伊葉チャンはさ、お昼ごはんの時間に《おかわり》をしに厨房に行く時、隣の教室を見て気づいたらしい。。(爆)
↑厨房に私の知り合いの方がいてね、伊葉チャンは毎日最低2回は《おかわり》で自分の皿持ってくるんだって~~!(爆)


v-516《あみんさん》
あみんさん、《星の王子様》ってあみんさんらしぃ~~!!!(笑)
うれしいよ、ありがとう~~♪
仕草は《モンキー》なんだけど・・・・・(爆)
2007/04/25(Wed) 09:51 | URL  | 怪獣ママ #-[ 編集]
 能力って端から見ていても解らないものなんですね。親の知らない間に成長しているのよ。耳の治療も加担して、これからびっくりするような展開が待っているかもね。楽しみながら育てて下さいね。大切に大切に。
2007/04/24(Tue) 08:59 | URL  | yuurakusya&玉手箱 #-[ 編集]
うんうん。確かに複雑になってしまった微妙な気持ちは
わかるけど、本人にとってなにが1番大切なのか
どんな支援が必要なのか、きちんと見極めてくれる人がいて
それを受け入れるママさんが素敵。
たくさんの良い刺激を受けて、どんどん成長して行くような
気がするね。
でも、やっぱり怪我は心配...
伊葉ちゃん!さすが!(爆)頼もしいぞ~~!!
2007/04/24(Tue) 08:57 | URL  | すみれ #-[ 編集]
やっぱり、伊織君は、普通の子と違うのだわ。
星の王子さまかも?
2007/04/24(Tue) 00:53 | URL  | あみん #-[ 編集]
むらさきさん
むらさきさん、コメントありがとう!!
私も最初このお話を切り出されたときはちょっと戸惑ってしまったのですが、でもよく考えると、本当にありがたいことだと思います。。伊織クンも私たちも本当に恵まれているなぁって思いました。。
今日が3歳児クラスのデビューの日だったのですが・・・・・、案の定、本人はまったくわかっておりません。。(笑)
でも伊葉チャンのクラスが隣にあるのですが、彼女は『あれ??』って思ったみたいですよ。。(爆)

そうそう!むらさきさん、報告しておきたい事があるんです!
あとでお邪魔しますね~~!!
2007/04/23(Mon) 22:18 | URL  | 怪獣ママ #-[ 編集]
おはようございます。
伊織君にとって三歳児のクラスへの編入は良い結果をもたらしそうですね。
周囲の方が、伊織君にとって最適な環境・教育を考えてくださっていて本当に有難いことですね。
耳の手術も行ったことで、ちょっと意外な進展!!
これからの発達も期待が持てそうですね。
2007/04/23(Mon) 09:30 | URL  | むらさき #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。