スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
怪獣のつぶやき【怪獣の父篇】
2006年12月24日 (日) | 編集 |
皆さま、おはようございます

最近、忙しくて更新を怠っていた


なまけ怪獣


です。。


今日の日記は、お友だちリンクのすみれさんがちょっと前書いたすみれさんのお父さんの日記に影響されて、怪獣も父について書いてみたくなりました。。


うちの父は昭和16年生まれの65歳です。。

まだまだ現役バリバリで、実家の修理工場で毎日元気に働いております。。


毎年11月の終わりには、父は家の周りをクリスマスのイルミネーションで飾るため、その作業に没頭します。。
今月の初め、今年のイルミネーションも完成しました。。



夜景モードだとブレて上手にとれませんでしたー。。20061221141707.jpg


20061221141641.jpg



こっちは中庭のイルミネーション♪
20061221141558.jpg













これはね、すべて孫のためにやっているんですよ。。
私は4人姉妹の長女ですが、私の子供たちと妹たちの子供たちを合わせると、うちの両親には8人の孫たちがいます。。


うちの父は昔からものすご~く人当たりがよく、社交的な人で、仕事の帰りにはほとんど毎日お得意様やお友達と飲みに行ってました。。


それが、今年6年生になった最初の孫が誕生するやいなや、あの日から毎日仕事が終わると家にまっすぐ帰ってくるのです。。
あ、妹親子はワケありでずっと実家で暮らしております。。


で、私や他の妹も嫁いではいますが、お互い旦那サンの仕事が夜遅くまでなので、毎日子供を連れて実家に入り浸っているのです。。


なので、父は組合の集まりがある日以外は、まっすぐ家に帰ってきます。。


これだけ行動が180度転換する人もめずらしいよねー、と妹たちとよく話していたのですが、母は、『お父さんらしいじゃない』といいます。。



毎日夕方6時半には帰ってきて、自慢の庭と孫たちを眺めながら、大好きなお酒をちょびちょび飲んで1日の疲れを癒しているみたいです。。



家での父はとても物静かで口数が少ない人ですが、表情は《寡黙》というよりはいつも穏やかな、どちらかといえば《ニコニコ》している顔が多いです。。


それなのに10代の時の怪獣はものすごく父に反抗している時期がありました。。
まぁ、父にだけではなかったのですが・・・・・。。
今思えばなぜにあれ程まで反抗したのか・・・・・。。



私の父は、沖縄の北部、国頭村というところの出身です。。
母が育った南部とは違って、沖縄戦では爆撃や銃撃による被害はあまりなく、父の家族で戦争で亡くなった人はいなかったようです。。


でも終戦後はやはりとても貧しく、体の弱かったおじぃ(父の実父)にかわり、毎日朝から晩まで忙しく働いているおばぁ(父の実母)の手伝いから、下の2人の妹たちの面倒をよくみる子供だったそうです。。


父には年の離れた2人の兄がいますが、2人ともやはり家計を助けるために若いうちから働きにでていたので、小学生の父が妹たちの食事を作って食べさせたり遊んであげていたそうなのです。。



たまに時間が空いたときなどは、近所のさとうきび畑の草刈や収穫を手伝ったりしてお小遣いをため、音楽が好きだった父はハーモニカを買ったり、高校生になった頃は何年もかけて貯めたお小遣いで、あこがれのトロンボーンを買ったのだそうです。。
そのトロンボーンで父は、米兵たちが出入りするクラブのバンドマンのアルバイトもやった、と言っていました。。


父方の祖母も亡くなったのですが、おばぁは生前、よくこんな事をいってました。。


あんたのお父さんはねぇ、小学校に行ける様になってから高校を卒業するまで、1日も学校を休んだことがなかったよ~。。
片道6kmはある道のりなのに、台風で学校が休みのとき意外はね、毎日妹たちを連れて学校にいってたよぉ~。。
小学校6年生の時にはね~、壊れた自転車をもらってきて自分で直して乗れるようになったのにね~、妹2人を自転車に乗せて、毎日毎日その自転車を押して学校に行ってたんだよ~。。

昔はとても貧乏でね~、靴を買ってあげることもできなかったさぁ。。近所の子が靴を買ってもらったのを見てうらやましかったんだろうねぇ、納屋で一人で隠れて泣いていたんだよ~・・・・。。
おばぁはそれを見てかわいそうになってねぇ、一生懸命家の手伝いをしてくれるから、市場につれていった時、『靴を買ってあげようか?』って聞いたわけ~・・・・。。
そしたらね~、とってもうれしそうな顔をしよったけど、でも何にも言わないで首を横にふりよったよ。。一緒にいた妹たちやおばぁも草履しか履いてないからねぇ、自分だけ靴を履くことはできない、って思ったんだはずね~。。
本当に誰よりも親思い、兄妹思いのやさしい子供だったねぇ~





この話を聞いた時、私はなぜか涙がでて止まりませんでした。。
父に激しく反抗していた自分が情けなく、父に対してとても申し訳ない思いでいっぱいでした。。




私が中学生の頃、夜遊びをして夜中帰ってきたことがバレても手を上げることがなかった父が、妹が『遊んで!』とせがんだ時、わたしはあまりしつこくつきまとわれたので、『離せっ!』と言って突き飛ばしたことがありました。。

『妹になんて事をするんだ!』と言って、その時はじめて父に頬を叩かれました。。
私はとてもショックで、
《何でコレぐらいのことで叩くんだよ!》
と逆ギレをし、父の背中にクッションを投げつけたことがあります。。

また叩かれる、と思って身構えていたのですが、父はそのまま振り返りもせずに部屋へ入っていきました。。

父に叩かれたのは後にも先にもその時だけです。。
叩かれた私より、叩いた父のほうが痛かったんだと思います。。
そして、クッションを投げつけた時の父の背中が、とても小さく見えたことを今でもよく覚えています。。


今思い出しても胸の痛む記憶です。。
でも夜遊びより、妹を泣かせた時に手をあげるなんて、何とも父らしい躾だったんだな~、と思いました。。



私の知らない子供時代の父。。
本当に健気で真面目で、そして子供ながらにも誰よりも家族を思いやるやさしい心。。




靴が欲しくても《欲しい》とも言わなかった父・・・・・。。




そういえば、私たち姉妹の子供の頃のクリスマスプレゼントは、毎年決まって赤いエナメルの靴でした。。

赤いエナメルの靴なんて、高い割にはそう履く機会もないのに、どうして毎年これなんだろう、と不満に思ったこともあったのですが、今となってはわかるような気がします。。

きっと父としては、私たち子供に贅沢な靴を買って履かせてあげることが、終戦後、家族一丸となって一生懸命頑張って働き、貧しかった時代を乗り越えてきたという《証》だったのかもしれません。。




でも父に、子供時代は貧乏で辛かった?と聞くと、

『ひもじい思いばかりしてたけど、でも今となっては楽しい思い出ばかりだなぁ・・・・』

と答えます。。そして庭の手入れをしながら懐かしい想いに耽るのか、大好きな古賀政雄さんの曲を口ずさんでいました。。






花摘む野辺に 日は落ちて
みんなで肩を くみながら
唄をうたった 帰りみち
幼馴染みの あの友この友
ああ 誰か故郷を 思わざる

一人の姉が 嫁ぐ夜に
小川の岸で 淋しさに
泣いた涙の 懐かしさ 
幼馴染の あの山この川 
ああ 誰か故郷を 思わざる

都に雨の 降る夜は 
涙で胸も  湿りがち 
遠く呼ぶのは たれの声
幼馴染の あの夢この夢 
ああ 誰が故郷を 思わざる



img001.jpg

高校生の頃の父





この歌は幼い頃からしょっちゅう聞かされているので、怪獣も大好きな歌です。。
来年2月、父の66歳の誕生日には古賀メロディのCDを買ってあげようかな。。










お父さん、昔はとても反抗的な子供でごめんね。。
でも今は、私たち四人姉妹は、誰よりもお父さんとお母さんが自慢です。。
だからお父さん、また今度お父さんが行きつけだったスナック《エメラルド》に、私たち姉妹を連れて、ママや常連のお客さんたちに自慢してね。。


お父さん、《長女は父親の履歴書》というけれど、
私はお父さんの履歴書として恥じないように、自分の人生を明るく前向きに生きていこうと思っています。。
いつまでも、いつまでも元気でいて下さい。。
私はお父さんの娘で本当に良かったと思っています。。









img002.jpg

ちょうど怪獣が1歳の頃、父と私と、叔母(父の妹)おばぁ(父の母)と一緒に写した写真です。。

20061221164852.jpg

私の写真の中でも、父が一番気に入っている写真です。。
↑・・・・・・しかしアルバムが古いこと!
↑でもこのアルバム、実家から門外不出の命を受けているんです。。これは私のモノではなく、父と母のモノなんですって。。










映画『オールウェイズ ~三丁目の夕日~』の時代、貧しくも健気に生きてきた怪獣の父に、皆さまの応援ぽちっを頂けたらうれしいです!!
にほんブログ村 子育てブログ 障害児育児へ
コメント
この記事へのコメント
タルトさん
タルトさん、私の方こそありがとう。。
すみれさんのブログからタルトさんのことを知って、タルトさんの空クンに対する思いを読んだ時、私すごく号泣してしまいました。。
タルトさんの気持ちが私の気持ちとまったく一緒で、自分の心の内を読んでいるかのようなカンジだったから・・・・。。
でも通い始めると、・・・・・・・・・ウププププ・・・・・・やっぱ「お笑い系」なのよね~~。。(笑)
私の方こそ《笑い》と《感動》をいっぱいもらっています。。
本当にあなたと出会えてよかった!!
来年もよろしくねっ!!!!
2006/12/31(Sun) 00:21 | URL  | 怪獣ママ #-[ 編集]
おこんばんは
たしかに、ジャングルみたいなとこで写ってる(笑)

いやいや、今日はご挨拶…
今年はいっぱい笑わせてもらいましたっ!
いやぁ~怪獣って名がぴったりなくらい
アナタはステキな怪獣でした(笑)
で、時に感動記事もあり…
でもほんと、時に出てくるおばあさんの言葉が
なんとも心にしみているタルトであります…
来年も、よろしくね!
また笑いに、感動しにくるわっ!
そうそう、最後に一つ、聞きたいことが…
豪快ってほんとにしおらしさって読むの???
よいお年を~
                 たると
2006/12/29(Fri) 00:57 | URL  | タルト #-[ 編集]
コメントありがとうございますっ!!!

v-20《れんさん》
れんさん、コメントありがとう!!
古い写真見てたら私もなつかしい想いに耽ってしまいましたー。。
でも昔の人はホント偉かったよね。。
父を見てもそうだけど、モノがなくても、ひもじい思いばかりしていてもガッツがあったよね。。
そしてちゃんと自分の大事なことは何なのかがわかっている。。
心の余裕というか・・・・・・。。

今の時代はモノが豊かになったけど、逆に時間に追われているようなカンジがするなぁ。。
でも父たちの世代の人ががむしゃらに頑張って作ってくれたもおだからね、私たちはちゃんと受け継いでいかなきゃなね。。


v-64《rintanさん》
rintanさん、ありがとーーっ!!
惚れたー??(笑)
でも私も父はね、・・・・・・・うん、ホントカッコいいと思います!
rintanさんも息子クンに娘チャン、rintanさんにしかない、暖かくて大きな背中を見せて育てていると思います!絶対!!(笑)
お子様たちは大きくなったらきっと私のように、お父さんを誇りに思う大人に成長すると思います!

ところで伊葉チャンはマジ私の小さい頃によく似ています。。
ということは・・・・・・・娘チャンにも似てたりして?!(笑)


v-256《りかこさん》
りかこさん、コメントありがとー。。
そうそう、納屋で隠れて泣いていた父の話を思い出して、私も日記に書きながら涙ぐんでいました。。
それなのに・・・・・・ねぇ、。。十代の怪獣ときたら・・・・。。ホント・・・・ぶっ飛ばしてあげたいです!(爆)

実家はね、父と母が頑張って建てたんですよ。。(笑)
豪邸って言うほどの家ではないですよ~!!
でも父と母にとっては《お城》なんですよね。。二人が家族のために頑張って建ててくれたんですから。。ホント居心地のいい家です。。(笑)

私もいつもりかこさんの日記に励まされています。。
本当にいつもいつもありがとう。。りかこさん。。
2006/12/27(Wed) 07:13 | URL  | 怪獣ママ #-[ 編集]
Merry Christmas ".*・;・^;・:\(*^▽^*)/:・;^・;・*.".
おおっ・・・なにやら古い写真がならんでる。
なつかしーってかんじですね。れんの小さい頃もそんな写真ばかり・・・
怪獣ママv-238可愛い~♪あはっ。
伊葉ちゃんのママに間違いない(笑)すいません・・・言い過ぎました(^^ゞでもマジにてるね~
またまたコメントもいいお話ですね。いつも目がうるうる(@_@;)しちゃいます。昔のヒトはえらいな~。今は物が溢れすぎて・・・ダメなのかもね。ほんと贅沢になったもんだ(^^ゞ
それもこれも怪獣ママのパパSANたち世代が頑張ってくれたお陰なんですよね。感謝しなきゃバチあたりますよ~。まして反抗なんて・・・。
まっれんもいまだに親不孝してますが・・・(笑)
でも・・・怪獣ママは父親の履歴書を間違いなく立派なものにしているとおもいますよ~~~(*^^)v

世の中、お金があると便利ですが・・・。お金じゃ買えないものを大事にしていきたいな~。ほんとにいつきても怪獣ママには泣かされます。
そうそう、イルミネーションもとってもキレイですね。凄い。
なんかあったか~ぃ雰囲気伝わってきます。
なんかへんてこなコメントになりましたが・・・・
やさしいおじいちゃんにもメリークリスマスv-272v-255


2006/12/25(Mon) 21:42 | URL  | れん #-[ 編集]
Merry Christmasv-315

ママさんの父ちゃん超カッコぇーーーーーv-354v-354v-354
赤いエナメルの靴の話しは泣きましたv-406
ほんとって感じですe-266
ママさんの父ちゃんに惚れましたv-413 ←ホモじゃないですけどね(笑

1歳の頃のママさんと伊葉チャンって似てるんじゃありませんか!?
将来の怪獣ぷっりが楽しみですねv-411

お父さんイルミネーションは見れたし、ママさんの写真は見れたし、素晴らしいクリスマスプレゼントを戴いた気分ですv-410

《長女は父親の履歴書》←これは非常にヤバイi-229
rintanの履歴書はみせられません(笑

そうそう、伊織クン、消防署の見学出来て良かったですねv-410
2006/12/25(Mon) 15:23 | URL  | rintan999 #mQop/nM.[ 編集]
一人納屋で泣いていたお父様の姿を浮かべ涙がでてきました。
ママさんのお父様って本当に素晴らしい方ですね。なのにっ
なんで反抗したりしたの!りかちんが許しませんよっ めっ笑
それに、実家もめっちゃ豪邸じゃないですか!お父様のご努力があってこそなんですね。いつも穏やかでにこにこのお父様だからここまでの成功があったんでしょうね。しかし!
ママさんと伊葉ちゃんそっくりじゃないですか!!笑
幼い頃の自分を見ているような感じじゃないですか?
若い頃のモノクロ写真がとっての幸せそうでとてもいい写真ですね。家族っていいなぁ~と思った素敵な日記でした。ありがとう♪
2006/12/25(Mon) 10:33 | URL  | りかこ358 #-[ 編集]
コメントありがとうございますっ!!!

v-255《パソメカさん》
パソメカさん、コメントありがとうございます!
うちの父は、初孫の顔を見た途端「コロッ」と態度が変わったみたいです。。(笑)
パソメカさんのお嬢チャマ、今は難しいお年頃ですか?
最近のお子さんたちの中には、反抗期のない子供も多くなってきていて、逆にそれが大きな歪を生み出すことになりかねないと、学校関係者から聞いた事があります。。
ある意味、反抗期があるというのは順調に成長していることかもしれませんね。。素直に親に自分の感情をぶつけられる、というのは親との心の距離が近いんだと思います。。
お嬢チャマもきっとパソメカさんの背中を見て立派に育っていくと思いますよ!!
パソメカさん家もよいクリスマスを!!!


v-516《タルトさん》
《長女は父親の履歴書》って言葉、私も友だちから聞いた言葉なんだけどね、何かすごく納得したなぁ。。
赤いエナメルの靴もね、年に4~5回しか履く機会なかったんだよね~。。でも今となってはホントいい思い出です!(笑)
私のアルバムの写真てさ、あれ、ジャングルっぽいとこで写してるんだよね。。怪獣の私にぴったりのロケーションだわっ!!(爆)
あ!、ちょっと、ちょっと!!プレゼント、渡せた~??んで反応は?!
あとで遊びにいきまぁす!!


v-513《カリンさん》
カリンさん、そっか~・・・・。。
ちょっと切ないクリスマスだったんだねぇ。。
何か最近この年になって妙に子供の頃の事が思い出されない?
10代後半から30代前半までって、私は突っ走って、突っ走って、《過去》を振り返る余裕がなかったんだけど、ココきて立ち止まって考える時間が出来てきたような・・・・。。
んで改めて、自分の親や大好きな叔父さん叔母さんが年取ったことを強く実感するんだよね・・・・。。その時って何か・・・・ホント、切ない。。
本当にいつまでもいつまでも元気でいてほしいよね。。

んで写真~!!伊葉チャンに似てるでしょ~??(笑)
自分でもウケるくらい似てると思うーーーーっ!!!
カリンさんもよいクリスマスを過ごしてね!!


v-441《みーみんさん》
ぶははははっ!!!(爆)
いつも感動してくれてありがとう!!!
伊葉チャンは間違いなくうちの実家の遺伝子が濃いです!!
私にも似てるんだけど、実は3番目の妹の方が《そっくり》です!!

んで、みーみんさんのトコも旦那さんの遺伝子はかくれてるのっ?!
うちもだよーーーーーーーーーっ!!!!!(爆)
伊織クンは最近パパに似てきたけど、伊葉チャンに関しては、パパ似のところを発掘するのが大変かも!(爆)
2006/12/25(Mon) 09:56 | URL  | 怪獣ママ #-[ 編集]
メリークリスマス
良い話で、思わず涙ぐんでしまいますね。
良いお父様ですよね。
初孫でコロッと変われるとは、お腹にいるころから、考えていたのでしょうね。
それとも、以前から機会を伺っていたのか?

私も学生時代は荒れていたので、よく分かります。
かえって、荒れていた反動から、卒業してから変わりましたね。
特に、成人してからでしょうか。
しかも、子供が出来て、親の苦労を一気に感じるようになって。
昔の人は言いましたよね、自分が親になって知る、親の恩って。
今、家の子は反抗期で困っています。
早く親の気持ちが伝わって欲しいものです。

では、良いクリスマスをお過ごしください。
2006/12/24(Sun) 23:56 | URL  | パソメカ #-[ 編集]
メリークリスマス!
長女は父親の履歴書?そうかぁ…
初めて聞く言葉だわ。
お父さん、ステキな方だね。
毎年、赤いエナメルの靴をプレゼントしてくれるなんて
おしゃれな感じがするけど、お父さんの娘達への想いが
あふれてるプレゼントだったんだね。
愛情たっぷり!娘にも、孫にも!
幸せなんだろうな~うんうん、孫ってかわいいんだろうね!

で…、子供の頃の写真、めっちゃカワイイ!
伊葉ちゃんに似てるよね!

メリクリ~v-274
2006/12/24(Sun) 23:39 | URL  | タルト #-[ 編集]
こんばんは~!
今日は船長のパパとママと我が家で一緒にご飯を食べました~!
船長の叔父さんが今入院中で、お見舞いに行ってきたりで(私はご飯を作ってお留守番)色々あった1日でした。
叔父さんより叔母さんの方が参ってしまってるようで・・・
船長も今日はかなり切ない思いをしたようですv-406
ママさんのお父様の話を読んでて私もなんだか切ない気持ちになりました・・・
我々の親世代にはいつまでも元気で居て欲しいなって・・・
『オールウェイズ ~三丁目の夕日~』の時代は知らないけれど、でも昭和40年代生まれの私たちもなんとなく懐かしい気持ちになったりしない・・・?郷愁ってやつ?それって歳なのかなぁ・・・
あの、ママさんの子供の時の写真!とってもいいね~!(ホント伊葉ちゃんそっくり!)
ご両親の愛情いっぱいの1枚ですね・・・v-344
では、メリークリスマス!怪獣一家に幸あれ~v-282
2006/12/24(Sun) 23:12 | URL  | カリン #-[ 編集]
いい話だ~v-406
毎回こればっかりね。私。笑
で、写真伊葉ちゃんとそっくりだ~
うちも、長女と長男の赤ちゃん時代は私によく似てる。。。
次女は妹に良く似てる。。。
で、夫の遺伝子はというと。。どこいった?
そういえば「うなじの毛がそっくりね。」って姉が言ってたことはあったわ~w
2006/12/24(Sun) 16:03 | URL  | 為替3児のママ(みーみん) #gHke2YW6[ 編集]
tokuさん
tokuさん、おはようございますっ!
tokuさん、実は今回の日記はですね、お友達のすみれさんのお父さんの事を書かれた日記の影響と、それともう一つ、以前tokuさんから頂いたコメントで、tokuさんがお子様が小さい時に、《一緒に散歩に出かけながら草遊びをしていましたよ》、というコメントを読ませて頂いた時から、妙に私も父との思い出がよぎり、いつか日記で書きたいなぁ、って思ってたんです。。v-290
心のどこかでtokuさんと父がかぶったんでしょうね。。
この日記も読んでいただけてうれしいです。。

それと伊葉チャンと私・・・・・・、ハイ!実はよく似ているんです!
あ、性格は私以上に激しそうですが・・・・・。。(爆)
でも子供というものは、本当に親の背中を見て育つものなんですね。。
子を見れば親がわかる、親を見れば子がわかる、という言葉も聞いたことがありますが、子供が持って生まれてきた性格をいかにいい方向に伸ばしてあげられるか、親の背中の見せ方にかかっている、ということなのでしょうか・・・・・。。

tokuさんのお子様は女の子なんでしょうか?
私はコメントでしかtokuさんの事は存じていませんが、でもいつも頂くtokuさんの暖かく、また配慮のあるコメントから、tokuさんもきっと立派な愛情たっぷりの背中を見せてお子様を育ててこられた方なんだと確信いたしております。。

今日のコメントもすごくうれしかったです。。私も思わず涙がでそうになりました。。
tokuさん、本当にいつもいつもありがとうございます。。
2006/12/24(Sun) 11:45 | URL  | 怪獣ママ #-[ 編集]
眼鏡が涙で・・・・
怪獣ママさん

tokuです。おはようございます。

何で眼鏡がくもるんだろう・・・・。
なんでパソコンの画面が見え難いんだろう・・・。
怪獣ママの親でもないのに・・・胸が詰まって・・・。

新たな発見をしました!
アルバムの中の怪獣ママは、伊葉ちゃんそっくり!瓜二つといってもよいくらい。♪♪♪
でも冷静に考えてみれば・・・当たり前と言えばあたりまえかあ~。

きっと怪獣ママも伊織ちゃんや伊葉ちゃんの反抗期に遭遇するのでしょうね~~。
人はみな そうして親の背中を見て 人生を乗り越えていくのでしょうね。

”長女は父親の履歴書” tokuは初めて聞く言葉ですが 万感胸にせまりますし・・・ 思いあたる節もあります・・・。

結局のところ子は親の背中をみて育つのですね。
これは実感です。自分を振り返ってみても・・・育ち上がった子の今をみても・・・。

怪獣ママのお父さんは幸せ者ですね。怪獣ママ達に囲まれて。
その思いを素直に伝えるのはなかなか・・・
でも、伝わっています間違いなく!

なぜか眼鏡が涙で曇ってしまったtokuでした。

最後まで読んでいただきありがとうございました。
2006/12/24(Sun) 10:24 | URL  | toku #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。