スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
怪獣のつぶやき【笑う心篇】
2006年10月26日 (木) | 編集 |
ちょっと前までの私は伊織クンのことで、自分のことを、

なんて辛く悲しい人生なんだ

って、思っていました。。

私はバチが当たったんだ!

とまで思いました。。

そう思ってしまうのは、悔やむことがいろいろ過去にあるからなのですが・・・・・・・。。


でも、バチだなんて・・・・・。。

これ以上に伊織クンに対して否定的で差別的な考え方があるでしょうか。。

一瞬でもそう思った自分が恥ずかしいです。。




うおっ!!なんか今回はシリアスな出だしになっちょる!!

で、最近思うのは・・・・・・
    ↑シリアス続けます・・・・
っていうか、気づいたのは・・・・・・



障害をもって産まれた事は決して不幸ではない!


という事と、


人は皆、何かしら背負ってるものがある・・・・もしくはあった


という事です。。

   ↑今頃きづいたか!







私は今まで人生の壁にぶち当たった時、
自分が背負っているもの以上に辛く悲しいことはない
と思いがちだったのですが、
でもよくよく考えると、

辛く悲しいことの大小を測る基準なんてない

んですよね。。
その人が、これが一番辛く悲しいんだと思ったことが、その人にとっての最大のことなんだろう
と思います。。



ホントにチョット前までは、苦しみから逃れたくて、自分よりもっと過酷な現状にあると思われる人を探して、

ああ、自分はまだいいほうなんだ

と楽になろうとしたり、
逆に人から相談を受けると、

何いってんのー!あなたはまだいいほうじゃん!私なんてもっと大変よぉー!!!

な~んて・・・・・、
とかく人と比較してしまうクセがありました。。




まぁ、これはこれでよくある事だと思うのですが、
今は人と比較するより、みんなはどうやってその

背負っているもの

を乗り越えたのか。。
そういうことに関心があります。。とっても。。




というのは、 最近私が 惹かれる人たち って、
背負ってるものがあるにしても、それを受け入れ前向きに生きてるどころか、






お笑い系





の人が多い。。
いやほとんどそう。。

家族にしても、友だちにしても、職場の同僚にしても、そしてネットで知り合った皆様も、
見事に





お笑い系





である。。

いやぁー・・・・・・・マジ、これはスゴイ!と思う。。
これをたくましいと言わずに何をいうのか・・・・・。。
ホントに話を聞くだけで、生きる勇気と力が湧いてくるというか・・・・・
ちょっと大げさかな??
でも大笑いさせてもらうと、くよくよしてる気持ちが吹っ飛ぶんですもんっ!
これはほんとにねぇ、感謝・感謝です!!





あ、でも怒り系の人もスゴイと思う!
冷めたネガティブ派は苦手ですが、

怒りのネガティブ派

にはパワーを感じる。。
この人たちは、現状に対して否定的でも、それは将来に対して

あきらめていない前向きな考え

がある人が多いと思う。。
だからネガティブとはいわないか・・・・


実は何を隠そう、私にもそういう面が多々ある・・・・・・
いや、仕事をしている時の私は

怒りのネガティブ派会組長

とさえ云われていたような・・・・・。。
現実に妥協しようもんなら例え幹部職員であっても踏み潰していたような・・・・・




それはこっちに置いといて・・・・・







話は


お笑い系


の人に戻しますが、
今まで様々な人の影響を受けましたが、
私が影響を受けた


お笑い系


の人の原点といえば、それは私の


おばぁ
       ↑母方のね。。

かもしれません。。今はもう亡くなりましたが・・・・。。

いつも明るく楽しい人で、太陽みたいな人でした。。

毎日近所の人がおばぁのところに集まってきて相談をしたり、とりとめのない話をしたり、時には愚痴をこぼしにきたり・・・・・

でもどんな話でも、しばらくするとみんな爆笑しているのです。。
結局最後はおばぁによって笑い話にされちゃうみたいです。。





でも、そんなおばぁにも辛く悲しい過去がありました。。
61年前の沖縄戦では、夫と実母と5人の子供たちを戦争で亡くしています。。

沖縄戦は3ヶ月足らずの期間ではありましたが、20万人以上の方が亡くなったといわれています。。

そして、そのほとんどが非戦闘員の住民の方々なのです。。

当時おばぁには産まれたばかりの私の母を含めて7人の子供がいました。。
また実の子ではないのですが、戦争が始まる前、親と死に別れた親戚の子を1人引き取って育てていたので子供の数は8人になります。。



夫と、すでに成人していた長男と次男は徴兵されて戦死。
三男は防空壕で病死。
実母と四男・五男は逃げる途中爆撃にあい、3人はおばぁの目の前で体が吹っ飛んだそうです。。



この話は近所に住むおばぁの友人が話してくれました。。
そして後におばぁはこんなことを言ってたそうです。。





あの時は自分も死にたかったさぁ。。
でもねぇ、死にきれなかったさぁ・・・・・。。
生き残った3人の子供たちがいたからねぇ・・・。。

どんなに苦しくても私が死ぬわけにはいかないわけよー・・・
この子達を立派に成人させるまでは、草の根かじってでも生きないとねぇ。。






おばぁはその言葉どおりに、ふんばって、ふんばって、たくましく3人の子供を育てあげました。。

今の沖縄は、その時のおばぁのような人たちが、家も畑も家畜もすべてを破壊された焼け野原で、どこからともなくトタンや板を拾い集めて雨をしのぐ小屋を作り、畑をつくり、道をつくり、商売をおこし、そして、生き残った子供たちを育てて再生させた姿なのです。。



私の覚えているおばぁはホントによく笑う人でした。。
そんなおばぁに幼い私は

もう、おばぁはなんでしょっちゅう笑ってる??

という質問をこれまたしょっちゅうあびせていました。。(笑)
そのたんびにおばぁは、

はっさ、おばぁ達は笑わないと生きてこれなかったからさぁ・・・
だから笑うのがくせになってるさぁ~・・・・。。

沖縄訛りでイメージして下さい・・・(笑)

笑わないと病気になるの~??

笑わないと病気になるわけじゃないけどね~、泣いてばかりいたら病気になるわけさ~。。
じゃぁ、泣かないためにはどうするかっていったらさぁ、笑うしかないわけさぁ~。。
痛くても、苦しくても、とにかく笑ってみるわけよぉ。。
そしたらね~、薬では効かない病気も治るんだよぉ~。。

これまた沖縄訛りで・・・・・・あ、くどい??

ふぅ~ん・・・・・。。



その時の私ははっきりいってその言葉の意味を理解していなかった・・・・・。。
そうか、おばぁは病気持ちだったんだ!
としか思っていませんでした。。
       ↑アホちび怪獣・・・・・


でも今になってわかる、その言葉の意味の深さが・・・・。。


私はこの日記の冒頭で、

辛く悲しいことの大小を測る基準なんてない

ってことを書きましたが、それは平和で豊かな社会に暮らしていればこそ云えることで、
おばぁ達のように、不可抗力の力によって大切な人たちの命が奪われ
たり財産を失った人たちにとっては、これ以上の悲しみ苦しみがあるのでしょうか。。

生きること自体が苦しいし悲しいといった状況の中で、
絶望の中それでも生きていかなければならないといった状況の中で、

唯一おばぁに残された生きる道は

笑うこと

だったのかもしれません。。

そんなおばぁに私はすごく大事なことを教わりました。。
そして縁あってお知り合いになれた皆様からも。。






背負ってるものを受け入れ、それでも明るく楽しく、時には泣くこともあるけれども・・・・・・、



でもそうやって一生懸命生きてる人の笑顔には価値がある!



本当に最近、このことを実感してやまない怪獣です。。




今日も笑って過ごしているあなたいやぁ、最近笑ってないんだよねー・・・・と思っているあなたも、↓ココ、ぽちっと、ぽちっと押してみよう!舞い上がる怪獣が見られるゾ!!
にほんブログ村 子育てブログ 障害児育児へ

コメント
この記事へのコメント
れんさん
れんさん、はじめまして♪
お越し下さりありがとうございますっ!!
そこら辺に転がってるただの怪獣ですが、これからもよろしくお願いしますっ!!
私もお邪魔させていただきましたーっ!!!
2006/10/28(Sat) 15:08 | URL  | 怪獣ママ #-[ 編集]
はじめまして(^^ゞりはままさんのブログからきました。
れんといいますv-82
怪獣ママさん(笑)どんな人なんだろうってめちゃ興味がでちゃいました。
ブログを読んで、ものすごく元気と勇気をもらった気がします。
ありがとうございます。これからもよろしくです。
2006/10/28(Sat) 12:53 | URL  | れん #-[ 編集]
コメントありがとうございますっ!!

v-300《りはままさん》
りはままさん、今そちらにお邪魔してきましたーっ!!
ホントにありがとう。。理解して応援していただけるだけでもうれしいのに・・・・・・ホントにホントに私は周りの人に恵まれています。。

で、バリバリ広島弁なんだ??・・・・・・・・・・・カッコイイーーーっ!!!
私はバリバリ沖縄訛りですー・・・うぷぷ。。
ねね、マジ今度こちらに来たら教えてね!v-392


v-307《rintanさん》
rintanさんのおじいちゃんは新聞記者だったんですね。。
私の母も今でも自分の父親を恋しく思うときがあるみたいです。。きっとrintanさんのお母様もそうなんでしょうね。。
ホントに私たちの時代は幸せですね。。いまだに説教してくれるほどに親が元気なのですから。。←昨日も説教された怪獣です・・・・トホホ。。

ところで私もねー、小さい時は女の子なのに乱暴な遊びばっかりして、よくおばぁにため息ばっかりつかせてましたーーv-393←《月光仮面》とか《ガッチャマン》とか・・・・・・・ あ"―( ̄Σ ̄;)― ・・・・・年、バレバレじゃん!!

それからrintanさんも思いっきりお笑い系ですよね。。(爆)
私、肉まん父さんのトコで、rintanさんのコメント読んだ時に抱いたイメージとだいぶちがってましたよぉーーーっ!!(爆)
でもお笑い系のrintanさん、すごくステキです・・・・・・で、おもしろい!!!

2006/10/26(Thu) 22:39 | URL  | 怪獣ママ #-[ 編集]
怪獣ママさん、了解いただけたので早速うちのブログで紹介させていただきました^^
トラバさせてもらったので、よかったら見てくださいね ←恥ずかしいけど…
なんか勝手に怪獣ママさんのブログをまとめさせてもらっちゃって申し訳ないような…

それと、広島弁しゃべれますよ~^0^
でも一人じゃしゃべれません…
だれかと掛け合いしないと…
実家に帰るとバリバリ広島弁なんですけどね^^;
今は大阪在住なので、なんちゃって関西弁をしゃべってま~す
あっ!ということは、怪獣ママさんの大好き3大弁を2つクリアーしてるってことだわ!@0@ ラッキ~^0^
2006/10/26(Thu) 18:25 | URL  | りはまま #-[ 編集]
こんにちは!
怪獣ママさんいつも感動をありがとう(涙

戦争に関しては私の両親ですら記憶が無い時代のことですが、想像するだけで・・・v-406
私も昨年逝ってしまったおばぁがよく戦争の話しをしてくれました。
私が子供の頃は再放送?の「コンバット」(今は亡きヴィック・モローの戦争ドラマ)を見ては戦争がカッコイイとすら思っていたほどです。
その頃のそんな私を見ては「戦争なんてもう二度としなでほしい」とおばぁは真剣に言っていたものです。
今、考えるとおばぁに酷いことをしたな~と反省いたしております。

母が以前から「父が息絶えた地はどんなところなのか行ってみたい」とずーと言っていました。
じぃは戦争中にニューギニアの海で新聞記者として殉職したのです。
つい先日、母が「戦没者遺児による慰霊の旅があるんだけどどうしようかな?」と言ってました。
私も一度は行って手を合わせたいと思っています。
戦争を経験していない私が言うのもなんですが、もう二度と戦争はしてほしくないですね。切実な願いです。

ママさんの言う通り私も『お笑い系』ですv-411
明るいだけで全然おもろないですけどね(笑
一度しかない人生、どんなに辛いことがあっても『笑って』たいなぁ~と思っています。
笑っている時って幸せですもんね。

そうそう伊織クンの具合はいかがですか?
早く治るといいですね。
がんばってね。ママさん
2006/10/26(Thu) 17:43 | URL  | rintan999 #mQop/nM.[ 編集]
すみれさん
いやぁだ、すみれさんたらー・・・・・・コメント読んで泣いちゃったよー。。
でもホント、あの時おばぁがふんばってくれたおかげで私たち出会えたんだよね。。
すみれさんに云われて改めて気づいたー。。(涙)
おっきぃなー、おっきすぎる存在だよー。。
でも年寄りはみんな大きい存在だよねー。。
うーん、またまた力が湧いてきたゾー!!!v-91

ところでさ、やっぱルーズでしょー??(爆)沖縄の人!!(爆)
ウケタ、ウケタ!!←ナンデカネェー・・・・(沖縄訛りで。。)

そうそう、タルトさんとのコンビ、私の知り合ったお笑い系のベストテンに思いっきりランクインしてるからー!!(爆・爆)
あとね、sakyouさんやみーみんさんて人がいてね、すごくすみれさんと同じ香りがするー!!(爆×10)
2006/10/26(Thu) 16:48 | URL  | 怪獣ママ #-[ 編集]
りはままさん
りはままさん、広島が出身地なんですねっ。。
りはままさんのご家族もホントに悲しい経験があったのですね。。
私はまだ広島にいったことはないのですが、仕事で九州の長崎に行った時に、原爆資料館を見てきました。。
沖縄戦のことは小さい時からいろいろ聞かされてはいたのですが、原爆の悲惨さを改めて資料館で目の当りにした時は、正直、最後まで見ることができずに外に出てしまいました。。←コレ、今でも悔やんでいます。。最後まで見るべきでした。。

私たち戦争を知らない世代は難しいですね。。
経験がないだけに、ついつい語り継ぐということを忘れてしまいがちになりますよね。。私もホントにそうなんですよ。。
でも子供を持った今、もし、戦争になったら、って考えると怖くて怖くてなりません。。
私、ずっと携帯電話は持たない!って意地張ってたアナログ人間だったんですが、アメリカの同時多発テロで、沖縄も狙われるんじゃないかって思ったら、すぐに家族と連絡をとれるようにって、それで携帯を持ち始めたんですよ。。

今は自分ひとりが何ができるかっていったら大した力はないのですが、でも伝えることはできるかな、ってそう思っています。。

それからね、話は変わるけど、広島弁と土佐弁と関西弁は私の大好きな3大なんですよぉ!!
りはままさんも広島弁はバリバリなのぉ??
今度教えてっ!(爆)

それからりはままさんのところで紹介していただけるなんて、とってもありがたいです!
ぜひ、よろしくお願いします!!
2006/10/26(Thu) 16:28 | URL  | 怪獣ママ #-[ 編集]
最初の罰について、私にも深く思い当たることがあり、それを
熱く語りたかったのだけど、泣き過ぎてそんなことはどうでもよくなってしまった。
なんて素敵なおばあ様なの...!
沖縄訛り、よく憶えてる。
私の出会った沖縄の人は、とにかくみんな穏やかで大らかで
いっつも笑ってた。(かなりのルーズだが(笑))
そんな人間を育む沖縄ってどんな素敵なところなんだろう
っていまでも憧れる。
沖縄戦の激しさは想像を絶するものだったと、よく耳にします。
ドラマや本でも見ることがあり、ある程度の知識は持ち合わせていましたが、実際に体験された方の声をこんなにリアルに耳にしたのは初めてで、ただでさえ苦しくて息もできないほどなのに

笑って生きて来るしかなかった...草の根かじっても残された子を育てていこうとふんばり、そしていつも笑っていた太陽のような人

おばあ様を思うと、どうしようもなく心が震えます。
そして怪獣ママが生まれ、伊織クンが生まれたんだね。

私がこうして怪獣ママに出会えて、助けられているのも
おばあ様が踏ん張ってやってこられたからなんですね。
おばあ様に心から敬意を表し、感謝したいです。
2006/10/26(Thu) 16:28 | URL  | すみれ #-[ 編集]
怪獣ママさん、こんにちは
今日もすごい話しだなあ…ホント何を書いていいかわかりませんが…
うちの実家は広島で、父方の祖母は原爆手帳を持ってて、母方のおばちゃんは原爆で家を焼かれたとか、そういうの結構身近に聞いていましたが、私自身はほとんど原爆とかに関わりなく過ごし、特になにもしてきていません…お恥ずかしい限りです
目の前で実母や子供達の体が吹っ飛んだって…
考えただけでも鳥肌が立って涙が出ます…
灰谷健次郎さんの作品に、沖縄がよく描かれてて、その中に「ちむぐりさ(肝苦さ)」という言葉も紹介されてて、私にとっても沖縄は特別な場所ではあったのですが、本当に想像以上の苦しみを味わったのだろうなと感じます
私も結婚して子供ができてからというもの、テレビで悲しいニュースを見るたび、もしもうちの子がこんな目にあったら…うちのダンナがこんな事件に巻き込まれたら・・・と考えただけで恐ろしくて仕方なくなりますが、戦争は本当に酷い悲惨なことなんだと改めて思いました
今度沖縄に行く機会には、是非「平和の礎」にも訪れたいです
それに、怪獣ママさんにも是非お会いしてみたいわ
ホントに素敵な人だなあと尊敬します^^
私のブログにも怪獣ママさんを紹介させてもらっていいですか?
2006/10/26(Thu) 15:21 | URL  | りはまま #-[ 編集]
肉まん父さん
父さん、ありがとうございます。。
父さんのコメント読んで、思わず私も涙がでてしまいました。。
父さんの一つ一つの言葉自体が深いです。。本当に人生の大先輩です。。
私は父さんのブログはFX関係で知ることができたのですが、それ以上に人としてのモノの考え方、生き方などを教わることが多いです。。
それだけに、いつもいつも私の未熟なブログを見守っていただけることがホントに、ホントにありがたいです。。
FXもブログも子供のペースと自分のペースに合わせてしかできませんが、でも、とにかく楽しんでやっております!
これからもイロイロとたくさんの《人として大事なこと》学ばせていただけたら、と思います!
こちらこそ、これからも末永くよろしくお願いします。。

追伸:
父さんのお義父様、お義母も先の大戦では心にも体にも深く重い傷を負ったのですね。。
沖縄の空や海や大地はあの悲劇の61年前、戦闘機や軍艦で埋め尽くされ、破壊し尽くされましたが、生き残った人々のおかげでまた、島の誇りを取り戻すことが出来ました。。
悲惨な過去を忘れることはできないのですが、二度と同じ過ちを犯さぬように、広島、長崎と共に平和を発信しております。。
米軍基地を抱えながら、複雑な問題も絡み合ってはいますが、今の沖縄にできる共存・共栄の道を模索しております。。

もし、時間があるようでしたら、ぜひ、《平和の礎》も訪れていただきたいです。。そこには沖縄戦で亡くなった方々の名前が掘り込まれています。。沖縄県民、日本兵はもとより、アメリカ兵、朝鮮半島から強制的につれてこられた方々など、あの戦争で亡くなったと確認されたすべての方々のお名前が、敵味方関係なく刻まれています。。
沖縄の心の原点はここにあると思っております。。
お義父様やお義母様の受けた傷が少しでも癒されることを願っております。。
2006/10/26(Thu) 14:19 | URL  | 怪獣ママ #-[ 編集]
 こんにちは、肉まん父さんと申します。

 肉まん自身は、生まれも育ちも神戸なので、「神戸大空襲」の話題が1番身近なのですが、、世界的には有名な第二次世界大戦の話題は、やはり、世界で唯一「原爆」が落とされた「特別な場所」というこで、「広島」と「長崎」なのですが(もちろん、肉まんは「広島」「長崎」も訪問しています)、日本で唯一地上戦があった「沖縄」の「悲惨さ」には、今、考えても、「涙」が出そうになることがあります。

 外国の話では、色々と見聞きすることはあるのですが、実際に「戦争」の「当事者」「現場」となると、ここまで「むごい」ものかということは本当に複雑な思いをしています。

 特に、「沖縄」戦に関しては、「アメリカ」という国よりも、母国の「日本」という国の「えげつなさ」を感じています。

  しかし、当時の状況では、「仕方がない」ことかもしれません。

  「東京裁判」にも矛盾を感じます。

 義父も義母も神戸大空襲の影響で「障害」を今持っています。

 もし、「沖縄」に無事、義父や義母をつれていくことが、できたら、義父も義母も肉まんと同様に、「涙」することと思っております(長生きしてよかったぁとと、思ってもらうことのできる思う旅にしたいです。このコメントを書き込みしながら、肉まんも情けないことに涙腺がゆるんでくるのを感じています)。
 
 怪獣ママ様のブログは、日本でも有数のブログになってほしいと思っております。

 普段は、原則としてコメントはよう残せませんが、必ず毎日拝見させて頂いております。

 これからも、よろしくお願い致します。

                    肉まん父さん
2006/10/26(Thu) 12:48 | URL  | 肉まん父さんのゼロからお金を貯めよう(FX日記) #-[ 編集]
コメントありがとうございます!!!
すっごく楽しい皆さんにとても支えられています!
ありがとうございますっ!!

v-516《タルトさん》
この踊り、何だろうねぇ~??(笑)気に入ってよく使ってんのぉ!!
笑いの技術はねー、タルトさんとすみれさんの掛け合い漫才のような会話で密かに研究中。。v-391
でもタルトさんのページでもけっこう熱い涙ながしたわぁ。。
沖縄はねぇ、おばぁ達のパワースゴイよっ!!
ホントたくましい!!ぜひ、ぜひ、一度遊びにきてもらいたいなぁ!


v-441《りかこさん》
私もね、もっともっとおばぁと話がしたかったなぁ。。
りかこさんのおばぁもステキな人だったのね♪
私ね、りかこさんのお話、FXでは笑わせてもらってるけど、正観さんのトコではふかーく、ふかーくうなづいています。。
私のほうこそ、いつもいつもいいお話ありがとう!!


v-516《あみんさん》
あみんさんのおばぁは元気だねぇ!!(爆)
年寄りはその存在だけでありがたいよねっ!!いいよ、いいよ
いっぱい愚痴きいてあげてっ!(笑)
あみんさんのいろんな話もっと聞きたいなぁ♪
あとで遊びにいくねーっ!!v-411
2006/10/26(Thu) 10:48 | URL  | 怪獣ママ #-[ 編集]
怪獣ママさん、シリアスから入り、途中フラメンコ?を踊りまくる4人の女性を登場させ、そして感動に持っていくなんて、さすが怪獣ママさんだわっっ

私の沖縄の方へのイメージでとにかく陽気!明るく踊る!こんな姿がありましたが、それは生きる力だったんですね。
家族が戦争に犠牲となり、残された人々はとにかく
生きぬいていく事に力を注いだ…
笑うことで、そのパワーを養っていたんでしょうか。
笑い…ホントに素晴らしいですよ!
私たちも負けずに、笑いで人生突き進んでいかなくちゃ!!!
2006/10/26(Thu) 10:14 | URL  | タルト #-[ 編集]
怪獣ママさんのおばぁはとっても素敵な人ですね。
笑顔に勝る福はなしといいますが、それを実践してこられたんですね。おばぁさまのご苦労はりかちんの悲しみや苦しみよりも
遥かに大きなものだったでしょう。
辛いときに、笑顔を見せるほど本人にとって苦しいことはありません。だって、辛いときに、辛い顔してるほうがずっと楽だもの。
りかちんもおばぁを見習って笑顔で毎日を暮らしたいと思います。
いいなぁ~おばぁ・・・・
りかちんの大切なおばぁは、思春期を迎える前に天国へ行ってしまいました。もっともっと話がしたかったなぁ。
さぁ、今日も笑って笑って♪
とても素敵なお話をありがとう。
2006/10/26(Thu) 09:55 | URL  | りかこ358 #-[ 編集]
感動~@
怪獣ママさん!
今日の日記もまたすごく深い。

怪獣ママさんのおばあってすごい素敵な人なんですね~。
(ちなみに、うちの祖母は、正反対。誰も戦争で亡くさなかったけど、何に対しても愚痴と悪口ばかりいってます~。でもためこまないのがいいのか、元気で長生きしてます爆)

なんかただのブログに書いておわってしまうのはもったいないくらいのいいお話です。
2006/10/26(Thu) 03:14 | URL  | あみん #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
こんにちは~今日もぽかぽかいいお天気ですねちひは今日もお熱でお休み…昨日より、熱も上がって、咳・鼻水ずーずー、食欲ダウン…こりゃ~明日もお休みかなあ…って感じですでもおかげで(?)ママはの~んびり過ごせてちょっと嬉しかったりして(^^ゞ職場や...
2006/10/26(Thu) 18:20:33 |  りはびりママの無謀なる外為への道
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。