スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
怪獣のつぶやき【開き直りの瞬間篇】
2006年10月20日 (金) | 編集 |
いやぁー、最近はココ沖縄でも風が心地よくて、ホント過ごしやすい季節になってきましたー。。


まぁそれでも日中は日差しが強くて、毎日タンクトップで過ごしてる私は日焼けなんかしちゃってますが・・・・・・・・・addidasPumaのアイテムがお気に入りサ・・フフ(。≖ฺ‿ฺ≖ฺ)。。

えっ?・・・・歳幾つだよ!って??・・・・・・・・・ヤメテ!歳ノハナシハ!!


しかしこうも秋めいて気持ちいい日が続くと、怪獣の私でもイロイロなこと考えちゃったりします。。
哲学怪獣


中国留学の日々を思い出したり・・・・・・・
細木和子の番組を見て、ウンウン頷いたり・・・・・・・で、ちょっとアタタ・・・・・と言ったり・・・・・。。


それから、伊織クンが産まれてきてからの約4年間を振り返ってみたり・・・・。。


そういえばあの頃は・・・・・・


世界の悲しみを一気に背負った

気でいた私でしたナー。。

伊織クンに7番染色体異常があり、おそらく知的障害を伴うかもしれないということが判明した時、正直、親としてこれ以上の悲しみがあるのか、というくらい嘆き悲しみました。。



伊織クンの将来を考えると、いじめを受けたり、差別を受けたり、私たち夫婦が年老いてこの世を去ったあとは、どっかの施設で惨めな生活をするんじゃないか・・・・・など等、不安というよりは《恐怖》に近い光景しか想像できずにいました。。



また、そんなネガティブな思考しかできないくらい、心身ともに疲れ果ててもいたんです。。







伊織クンはホルモンのバランスの影響で産まれたときからホントに《寝ない》子だったので、去年までの私たち夫婦の平均睡眠時間は4時間もなかったと思います。。


パパは自営業なので夜中まで仕事だし、私自身、仕事はしていましたが、帰ってくると伊織クンと二人っきり。。


お風呂を入れるにしても、ご飯をあげるにしても細心の注意が必要で、特に食事に関してはうまく飲み込むことができないので、伊織クンに合わせた食事を作るのも一苦労、そして食べさせるのはもっともっと大変な作業でした。。


丸呑みしてのどにつまらせたり、あるいは口に含んだものをまたぶっ、と吐き出したり・・・・・。。
でもただでさえ体が小さいので、とにかく食事で栄養を取らせなかったらもっと発達が遅れる・・・・・そんな脅迫概念が私の中にはありました。。


1回で食べれる量は少ないので、2~3回に分けて食事はあげなければなりません。
食事をするたんびに伊織クンの服も私の服もべちょべちょです。。


やっとの思いで食事を終わらせると今度は、奇声を発したり、窓や床に頭を思いっきりぶつけて遊ぶし。。
一時は自傷行為かと思うほど


まったくもってひと時も目が放せない状態。。


で、夜は全然寝てくれないので、パパが帰ってくる時間(AM2:00頃)までそういうことが続きました。。


パパはパパで大変です。。
ちょうど飲食店をオープンしたばかりだったので、経営的にも実務的にも心労は絶えません。。それで疲れて帰ってくるのに、私の仕事が朝早くからの出勤なので、私を寝かそうと今度は自分が伊織クンの相手をしてくれるのです。。


伊織クンがやっと寝付くのは明け方。。
それまでパパは一緒に遊んだり、ドライブに連れて行ったり。。



私達の精神状態は崖っぷちまできていました・・・・・。。











今だから言えますが、あの時、子供や親の介護問題で無理心中をはかった事件のニュースを見て、私は《他人事》だとは思っていませんでした。。


もちろん、




私は絶対そんなことはしないっ!




と、そういうニュースをみるたんびに言っていましたが、




自分自身にそう言い聞かせてた!




というのが本当かもしれません。。






でもいつぷっつんきてもおかしくないな、と危機感をつのらせていたある日、




ぷっつん





張り詰めていた糸が切れました・・・・・・・別の意味で。。


















いつもと同じように夜中寝ない伊織クンに、


どうせ起きてるんだったらもう少し何か食べさせよう


と思い、簡単な食事をあげていました。。
この日の伊織クンはいつもにもましてハイテンションで、動きも激しかったです。。

無理やり椅子に座らせて食事をあげようとしたら、









ぶっ!









吐き出したご飯が私の顔にかかりました・・・・・しかも思いっきり至近距離で・・・・・・・・。。

そして一瞬私がひるんだスキに、器に入れてあったスープやおかずを全部ひっくり返し、壁に投げつける始末。。

そのあとこぼしたスープやご飯を手でこねたりパシャパシャとはねらしたり・・・・・・・



遊んでいるところを無理やり椅子に座らして食事を与えようとしたので、その反動だったかもしれません。。

毎日見られる行動ではあったのですが、睡眠不足が積もりに積もって、仕事からくるストレスもあったし、また、こんな状況なのに

仕事を辞めない自分

に対してもストレスを感じていました。。















もう、限界です























なだめる言葉も、いさめる言葉もでない。。


























ちがう・・・・・・・私の息子はやっぱり普通じゃない・・・・・・

この先私たちがいなくなったら誰がこの子を愛してくれるんだろう・・・・

誰かこうやって食事を与えてくれるの??

のどにつまらせないように細かくおかずを刻んでくれるの??

服はちゃんと清潔な服に着替えさせてくれる??

食事を吐き出しても、食事を投げつけても、奇声を発しても、頭をぶつける遊びをしても、叩かれても、噛まれても、引っかかれても、

目を見つめ返してくれなくても、

それでもこの子を大事に思ってくれる人がいるの????















































































この時溜め込んでいた感情が一気に溢れ出しました。。
泣いて、泣いて、泣いて、泣いて

しゃくりあげるくらい泣くことなんて子供のとき以来です。。






























































ちなみに、この時の私の頭の中ではねー


昭和枯れススキ



が流れていたんですよー・・・・・・マジにっ!!!

歌詞の意味はチト違うが・・・・


でも、普通ホントに悲しい時って、頭の中で曲なんか流れるのかなぁ・・・・・
頭の中真っ白で・・・・・無重力空間っぽくなるんだと思うけどー・・・・不思議ー。。


それになんで


昭和枯れススキ


なのさっ!!

もっとハイセンスな悲しい歌あるじゃないっ!!











あぁーー・・・・・・・話が大分逸れてるーー
そのあとどうなったか、というと、



号泣している私の涙を見て・・・・・・・


ホンキで号泣している私の涙を見て・・・・・・・




































うきゃっ!!!!


きゃははっ!!!!


うっくくく・・・・・・











私の目から溢れる涙をさわって
楽しそうに、ゲラゲラ、ケラケラ・・・・・・・・
























止まりました・・・・・・・すべての思考が止まりました・・・・・・・


昭和枯れススキ


の曲も止まりました・・・・。。

















































しゃくりあげて泣いてた私の目から涙が止まったので、伊織クンはなんと、またそばにおちているおかずを口にして、



ぶっ



と吐き出して見せたのです




























もう涙はでないっちゅうねんっ!!!!






























この瞬間、ホントの意味で



ぷっつん



と、切れたかもしれない。。




















そっかー・・・・

楽しいのかぁ。。

人と比べて自分の人生を悲しいと思ってないんだよね。。



キミが楽しいなら、今はそれでいっかなー。。















ぷっつんきたというべきなのか、
開き直ったというべきなのか・・・・・・・
















そのあと、強制的な食事から解放された伊織クンは、私の手を引っ張ってCDデッキの上にその手を置きました。。
クレーン現象といって、相手の手で自分のやって欲しいことを要求しているのです。。


ちょうどレンタルから借りてきた幼児向けのCDを、この頃毎日かけてました。。

そしてCDをかけて飛び込んできた曲は






『アンパンマンのマーチ』










 そうだ うれしいんだ
 生きる よろこび
 たとえ 胸の傷がいたんでも


 なんのために 生まれて
 なにをして 生きるのか
 こたえられない なんて
 そんなのは いやだ!


 今を生きる ことで
 熱い こころ 燃える
 だから 君は いくんだ
 ほほえんで


 そうだ うれしいんだ
 生きる よろこび
 たとえ 胸の傷がいたんでも
 ああ アンパンマン
 やさしい 君は
 いけ! みんなの夢 まもるため


 なにが君の しあわせ
 なにをして よろこぶ
 わからないまま おわる
 そんなのは いやだ!


 忘れないで 夢を
 こぼさないで 涙
 だから 君は とぶんだ
 どこまでも


 そうだ おそれないで
 みんなのために
 愛と 勇気だけが ともだちさ
 ああ アンパンマン
 やさしい 君は
 いけ! みんなの夢 まもるため


 時は はやく すぎる
 光る 星は 消える
 だから 君は いくんだ
 ほほえんで


 そうだ うれしいんだ
 生きる よろこび
 たとえ どんな敵が あいてでも
 ああ アンパンマン
 やさしい 君は
 いけ! みんなの夢 まもるため




































伊織クン・・・・・・
キミが私にそういってるの???






























この時の私の気持ち・・・・・・
お分かりになるでしょうか・・・・・。。


うまく表現できません・・・・・
でも、何度も何度も聞きなおしました。。


一旦止まったのに・・・・
またまた熱い涙が溢れてきて
どうにも抑えきれない。。













アンパンマンのマーチ



で・・・・・・、ですよっ!!!










でも私には



神からの啓示?



じゃないかと・・・・・・
そう受け取りました。。







この事があってから1年半。。
伊織クンは相変わらずですが、私が変わりました。。

でもまだまだ先は長い。。
もっともっと大きな壁に直面するかもしれない。。

それでも私たちには一つ一つ壁を乗り越えてきた経験がある。。

そして私たちを理解してくれる友がいる

きっとこの先ぶつかるかもしれない壁も
なんとか乗り越えていけるでしょう。。



アンパンマンの歌で私も救われたわぁ!という方、また、へーっ、そんな歌詞だったんだぁ!と思った方もぽちっと応援してくれたらうれしいですっ!
にほんブログ村 子育てブログ 障害児育児へ
コメント
この記事へのコメント
りはままさん
りはままさん、コメントありがとう!
私みたいな怪獣の記事に、涙してくれたりはままさんのやさしいお気持ちがとてもうれしかったです。。
りはままさんはきっとお仕事柄もあって、もっともっといろいろな深い部分を見てきてると思います。。
私はまだまだ行き当たりばったりの子育てで、ホントに伊織クンや伊葉チャンによって《親育て》してもらってる状態なんですよ。。
りはままさんの云うように、子供っていうのはホントに宝ですね。。今じゃ、この子達無しの人生なんて考えられないんですもの。。
あ、それから、そのアンパンマンの歌詞、ステキっ!!!
そういう歌もあるんだ!
やっぱりCD買います!!いつまでもレンタルじゃぁねー・・・・・。。→セコイ怪獣・・・・・でもよけい高くつく・・・・・。。
りはままさんにはイロイロ教えてもらいたいこともたくさんあります!これからもこんな怪獣ですがよろしくお願いしますね。。

2006/10/25(Wed) 22:26 | URL  | 怪獣ママ #-[ 編集]
怪獣ママさん、こんにちは^^
すごい記事で、おそらく私のおきらく子育てでは想像もできないご苦労で、なにも言えません…
怪獣ママさんはホントにすごいなあと思います
アンパンマンの歌、他にも「もし自信をなくして くじけそうになったら いいことだけいいことだけ 思い出せ」って言うのもあるんですよ 
映画も楽しくて、うちは夫婦ともすっかりアンパンマンのファンなんです^^
子供は宝ですね
子供が笑ってくれてると、それだけで自分も幸せになります
怪獣ママさんが泣いてるとき、伊織くんが笑って、私だったらショックだろうと思うのに、怪獣ママさんは「きみが楽しいなら、今はそれでいっかな」と吹っ切れたという話がとても衝撃的でした
ホントに読んでて涙が止まりませんでした
(途中ぷって笑ってしまいましたが^^ そこんとこさすが怪獣ママさん)
怪獣ママさんの記事、いつもホントにいろいろ考えさせられます
凄いな…っていうのもなんか違うな、凄くて素敵だなあと思います^^
2006/10/25(Wed) 17:02 | URL  | りはまま #-[ 編集]
コメントありがとうございます!!!

v-441《みーみんさん》
りはままさんのとこ行って来たーっ!!!
あった、あった、アンパンマンの記事!!!
たぶん、同じトコから歌詞引っ張ってきたのかなーって思っちゃった。。でも、コメント残さずに戻ってきちゃったよー・・・・・・りはままさん、ごめんっ!!
しかしこの歌詞・・・・・・ホントに深い。。でもって、メロディーもすっごくいいよね!!
子供たちにもちゃんとこの意味伝えたいね。。
でもこの子達が大きくなった時、いつか《ハッ!そうだったのか!!》って自ら意味がわかる時がきたらいいね。。
それから私、最近ネットの世界でもすっごく縁を感じることが多いーー。。ありがたいことだわーーーー。。


v-516《タルトさん》
ホントに大変なのはこれからかもしれないんだけど、この時は初めて伊織クンの《障害》を受け入れきれた瞬間だったかもしれない。。私自身、すごく印象深く残ってるの・・・・・この時の出来事。。
昭和枯れススキv-35、涙止まっちゃったー??
でもその時はマジよ!!(爆)←年代がバレバレ??
アンパンマンの歌詞・・・・・・・これってホントに多くの人に力と勇気を与えているよね。。


v-225《カリンさん》
大事な人を亡くした悲しい過去があったんだね。。大親友ってことはホントにホントに大事な人だったんだね。。
みんな何かを背負ってるよね。。
私はこの事があるまでは《自分だけが大変》って思ってたかもしれない。。
でも開き直るきっかけはあちこちに転がってると思うんだぁ。。
それを見つけきれるか、感じきれるかの違いは大きいよね。。
それからタイミングもあると思うし。。
私はたまたまそういう事ができてたんだと思う。。
だから尚更《生かされてる》って思うときあるよ。。
こうなったら100歳目指して頑張るわーー!!v-91
一緒に目指そう!100歳!!で、FXでじゃんじゃん儲けるのっ!!(爆)
2006/10/22(Sun) 22:50 | URL  | 怪獣ママ #-[ 編集]
アンパンマンのマーチ・・・初めて歌詞を知りました。
私が読んで感じたのは、この歌を4年前に急死した私の大親友に聞かせたかったなぁ・・・って事です。
彼女は多分やさし過ぎた・・・それで心も病んでしまった・・・
怪獣ママさんの様に、人生に何があっても強く生きて欲しかった・・・

ごめん、つい・・・めちゃくちゃ暗い事書いちゃったけど・・・せっかく生まれて来たんだもん、頑張って生きなきゃねって言いたかったの~!
なんかママさんの所へ来ると、自分の心の中にしまってある深い事までさらけ出したくなっちゃうなぁ・・・何でだろ?v-287
2006/10/22(Sun) 16:46 | URL  | カリン #-[ 編集]
こんばんは
今日は、最初から、怪獣ママさんの今までの大変さを
うんうん、そうそう、わかるわ…そうだったの?と
自分とだぶらせながら読んでいました。障害がわかった頃は本当に辛いし、目の前の子は訳分からんし・・・って感じですよね。
いつもは、おもしろい記事の印象だから、余計に怪獣ママさんの辛さが、ず~んと響いてきました。前向きな怪獣ママさんも、そんな事を感じてきたんだ…と…
で…なんで、昭和枯れススキなんですか???
そこで、溜まっていた涙も思いっきりひっこんじゃったよっっ!!!
でも、アンパンマン本当にいい歌詞ね♪
私もアンパンマンの曲にうるうるした経験ありっ!
2006/10/22(Sun) 00:36 | URL  | タルト #-[ 編集]
あんぱんまんの歌が深いって話題は少し前に、りはままさんのところ?であったような・・・
深いですよね~
とても子どもむけとは思えない。
でもってもともとの絵本のあんぱんまんはシュ~ルでこわいという話でした。
それにしても、ネットの世界というのはものすごいスピードでいろいろな偶然?(必然?)の出会いが起きていくのね。オモシロイ
2006/10/21(Sat) 23:51 | URL  | みーみん #gHke2YW6[ 編集]
コメントありがとうございます!!
v-254《りかこさん》
りかこさん(そして、むらさきさんにも・・・・・・)、いつもいつもありがとう。。とても力をいただいています。。
《人生を点で捉えない》・・・・・・あの言葉はまさに、この時の私が開き直った瞬間にあてはまる言葉かもしれません。。
いつもりかこさんの《言葉》には、自分自身が思っていることが写されているのでホントにハッ!とする時があります。。

そして、この日記の最後に言った《理解してくれる友》というのは、りかこさん達のことでもあるのです。。(勝手に友だちのつもりでいまぁす!)
コメントを読んでたら、またまた泣いちゃいました。。ありがとう。。


v-300《あみんさん》
あみんさん、小林正観さんをご存知なんですね!
しかも、りかこさんの後に続けてあみんさんのコメントがあるから・・・・
うわぁ・・・・・・・ますます《縁》を感じます。。
私は最近まで小林正観さんのことは知らなかったんですけど、りかこさんのブログの一つで教えてもらいました。。
そこで、正観さんにも障害をもったお子さんがいることを知りました。。
私はまだまだ、正観さんのように悟ることはできていないのだけれど、今やっと現実を受け入れる事ができたのかもしれない。。
ロスで出会ったそのお母さんのように、私も《たくましい母ちゃん》
目指してます!(笑)


v-516《すみれさん》
さっきね、すみれさんのトコ行ってちょっと告白したいことがあったんだけど、爆笑だけしてそのまま帰っちゃったーっ。。(爆)
実はね、私はすみれさんにそこまで誉めてもらうほど立派な人間ではないんです。。
長くなるからあんま詳しいことは言えないんだけど・・・・・。。
でも、私の日記の書き方はもしかして、私を《誤解》させてしまうような記述かもしれませんね。。
もちろん、そこに書いてあることはすべて事実のことですが、私は決して器のある人間ではないんです。。
でも、伊織クンや伊葉チャンによって、少しづつ《人としての器》を広げてもらってる気がします。。

アンパンマンの歌詞は、やなせたかしさんという方の作詞だったんだぁ!!
絵本もあるの??月曜日本屋さん行くから探してみよう♪

それからね、沖縄には《コメリ》はないんだなぁ・・・・・・残念。。
でもね、スポーツブランドは大好き!!あと、《OP》のTシャツに、《BLUE MARLIN》のジャージ系も大好き!!←若作りの怪獣なの!!


v-65《rintanさん》
rintanさん、長男クンのご病気の時はさぞかしrintanさんも心労が続いたのでしょうね・・・・・・。。
思い出すだけでも涙がでる、というお気持ち、わかるような気がします。。
それなのに、私のことを気づかってコメントにしてくれて、本当にありがとうございます。。
あ、でも《無理心中のニュース》の件での私の反応は、あれから一切そういう心配はありませんよ。。ご心配おかけしましたー。。今はね、すっごく気持ちに余裕がありますよぉ。。(笑)

でも長男クン、今は元気に過ごしているんですね。。
良かったです。。私も子供たちの《命》そのものがホントに愛しいと思う日々を過ごしております。。
2006/10/21(Sat) 21:45 | URL  | 怪獣ママ #-[ 編集]
おはようございます!
怪獣ママさんは大変だったんですね。←簡単に言い過ぎてゴメンナサイ
私にはママさんの苦労の1/10いや1/1000も分からないと思います。

ママさんの記事に便乗させていただき私の話をさせていただきます。
うちには息子と娘の2人の子供がいるのですが(息子は前妻との子です)その息子はもう少しで16歳になります。そうです、もう高校生なのです。
その息子が小学校に上がる前に前妻とは別れたので、それからは私の母が母親代わりになりました(現在はNEW奥さんに面倒をみてもらってます。感謝!感謝!)
息子が幼稚園に入る前に2週間位と小学校の時に2ヶ月位の2度も入院したことがあるのです。
それも原因不明の熱です。38度位が続いたのです。
最初に入院した時は地元の総合病院でしたが、先生に「原因が分からないので大学病院に転院させますね」と言われ、ビックリ!そのあと「もしかすると小児ガンもしれないですね」
「・・・・・」 もうお先真っ暗でした。
多分、人生で一番怖い思いをした時です。
泣きましたv-406
大学病院では小さな「おり」に入れられ、点滴をさせられながらアンパンマンのぬいぐるみを抱っこして泣き叫んでいるのです。
今でも鮮明に覚えています。
思い出しただけでも泣きそうになります。
結局、原因不明のまま熱が下がったので退院となりました。
しかし、またまた同じ状況で入院したのです。しかも今度は2ヶ月近くもです。
流石にポジティブな私でも「もしかすると息子はこのまま・・・・・」とまで思いました。
結局、中学校1年まで大学病院に通院していましたが、最後まで原因不明で終わってしまいましたけど。

なんだったんだろう?
でも今はピンピンしていますよv-410

つくづく思いましたが子供にだけは先に逝かれてほしくないです。
絶対に。
命より大事なものはありませんから。 ←これが言いたくてここまで引っぱりました。
これも絶対に。

娘は現在2歳ですが、これまた2度も救急車のお世話になっているのです。
話しが長くなるので、つづきはまたの機会にしますね。 ←十分長いですけどi-229

それでは良い週末を!!

追伸
只今、ママさん記事を読み返して反省しております。
自分のことばかり書き込んで本当にすみません。
ただ正直、私の想像を超える大変さなので分からないのです。
ごめんなさい。
今回は「無理心中をはかった事件のニュース」に反応したのでございます。
命だけは大切にしてください。
2006/10/21(Sat) 09:46 | URL  | rintan999 #mQop/nM.[ 編集]
何度も頷きました。障がいは違えど、同じく子育てに悩み、極限状態に陥った自分とリンクしてしまい、
「うんうん。そして...??」
「そして、どうしたの?」
「そんな気持になって、怪獣ママはどうしたの?」
と、息を呑みながら一気に読みました。
読みながら、ほんまに立派なママさんの姿が見えた。
あなたは本当にすごい。
私はどうしたかと言うとね、何ヶ月も1日中泣き喚いて臍が破けてしまったモモに、抱こうとしても私に抱かれるのを拒否するモモに
「何なの?」「あんた一体何なの!?」と
怒鳴り、挙句の果てにマルに
「そんな音たてるから、モモがまた泣きはじめたじゃないッ!!」
って、当り散らしたこともありました。
器の広い人間に...神様が...確かによく聞くけれど
それは決して私の事ではないのは確かです。
それは怪獣ママさんにある言葉です。
ただ1つ思うことは、怪獣ママさんと一緒で
この子は自分にしか絶対に育ててこれなかったと
いう確信はあります。泣き喚き、なついてもくれない子供を
誰が愛してくれたというのでしょう。
自分のあまりに幼稚な姿を思い出し、とてもじゃないけど
怪獣ママみたいに気持を切り替えることができなかった自分
が恥ずかしいです。
睡眠時間がないことと、すべてが思いどうりに動かない子育てのストレスは、本当に極限状態になります。
その極限状態を誰のせいにもしないで、1人で乗り越えたママさんを私は同じ母として心から尊敬しますよ。
やなせたかしさんの歌詞は、本当に深いですよ。
何気ない、セリフや歌詞にも生命の大切さのメッセ-ジが込められている。
あの方の描いたアンパンマン以外の絵本にもいいものがありますよね。


スポーツブランド私も好きよ。
沖縄には「コメリ」ってホームセンターある?
あのコメリのマークと、ルコックのマークが私には一緒に見えるの

私もシリアスには終われない...
2006/10/21(Sat) 07:39 | URL  | すみれ #-[ 編集]
私も。。。。
私も日記を読んでl涙してしまいました。

こどもは親を選んで生まれて来る。。。
障害を持って産まれてくるこは魂が純粋だ、
その親にはその子を育てていける器の大きさがあるから、その親のところにやってきたのだ、、、、という話はきいても
実際にそれが自分自身のこととなったら、、、
やっぱりいろいろ辛いだろうな~~と想像してしまいます。

私の好きな小林正観さんでさえ、6年間、悩んだそうですもの!!



そういえば・・・
おととし、ロスの空港で、成田行きのラウンジにいるときに
双子の男の子で、二人とも障害を持ったお子様を連れている(若い)両親を見ました。
かなり体は大きいのに(多分年齢は4歳くらい?)ふたりとも特注のベビーカー(・・というより車椅子に近い?)に乗り、一人の子は何か酸素ボンベみたいなものまでつけていたの。
もちろん、一人ではたべることもできないので、おかあさんがいろいろ世話していたけど。

米国在住なのか、旅行にきたのかはわからないけど

見ているほうが「大変だな~~」と思う状況なのに
外国まで来てしまうなんて
なんか「たくましいな!」て、感心しました。
2006/10/21(Sat) 06:56 | URL  | あみん #-[ 編集]
読んでいて涙が溢れました。
私も辛いとき、アンパンマーチを聴いていて非常に哲学的だなぁと思いました。
なんのために 生まれて
 なにをして 生きるのか
 こたえられない なんて
 そんなのは いやだ!


なにが君の しあわせ
 なにをして よろこぶ
 わからないまま おわる
 そんなのは いやだ!

私もこのままで終わらせたくないっ

人から何と言われようと、私が最後に振り返ったとき
自分に恥じない人生を歩こうと思いました。

ご主人や友人にも恵まれて怪獣ママさん幸せです。
伊織くんが生まれてくれたおかげで
すばらしい経験を重ねて行かれることでしょう。

忘れないで 夢を
 こぼさないで 涙
 だから 君は とぶんだ
 どこまでも


 そうだ おそれないで
 みんなのために
 愛と 勇気だけが ともだちさ
 ああ アンパンマン
 やさしい 君は
 いけ! みんなの夢 まもるため

2006/10/21(Sat) 02:48 | URL  | りかこ358 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。