スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
怪獣のつぶやき【生きがいの創造 前篇】
2008年04月30日 (水) | 編集 |
久々の更新です。。


3月7日に仕事復帰して以来、ホントに・・・・


ホントーーーーーーーに、超ぉー忙しい・・・・(/TДT)/


おまけに・・・・・・・


実は末娘の伊由チャンの事ですが・・・
心臓に先天性の病気があることがわかりました。。



3月のはじめ、カゼをひきはじめたからか、『ゼーゼー』という肺からの変な音が聞こえたため、
肺炎になっては大変!という事で、近所の小児科を受診しました。。


その時は、先生は伊由ちゃんに聴診器をあてている時間は長かったのですが、

『肺よりも、心臓から心雑音が聞こえたかと思ったのですが、心配なさそうです。』

といい、鼻水と咳止めのシロップ薬を処方してこの日の診察は終わりました。。
でも3日後、やっぱり『ゼーゼー』という呼吸音が気になったので、別の病院を受診しなおしました。


そしたら・・・
その病院の先生は、

『肺のゼーゼーという呼吸音は心配ありません。肺炎にもなっていないから大丈夫。。
それよりねお母さん、心臓の心雑音が気になります。
紹介状を書くのですぐに精密検査を受けてください。。』



心雑音って???
この間の先生もそんな事言ってたけど、大丈夫って・・・・・

精密検査・・・・




まさか・・・と思いつつ
翌日診断を受けた時は、正直足元がふらつきました。。


『伊由チャンまでもが・・・・・・』


診断の結果、

『僧坊弁閉鎖不全』

という心臓の病気があることがわかりました。。


ただし今のところ非常に軽度で、現状維持ならば、日常生活を送る上で
特に気をつけなければいけないという事は何一つないそうです。。

発達も順調ではあるのですが、なにせまだ9ヶ月の赤ちゃんなので、症状が進むのかどうか、
細かく診ていかなければならない、という事で、3ヶ月おきに検査を受けなければなりません。


症状が悪化していくようであれば、手術を受けることになります。







どうして私の子供にだけ・・・・・






言ってはいけない言葉・・・・・

いや、伊織クンの障害を受け止め、もがきながらも何とか前向きに生きようと・・・・
また、いろいろな人の支えを実感しつつ、感謝しつつ、

『ありがとうございます』

の言葉の意味をやっとわかって使えるようになった今だからこそ、
絶対にいいたくなかった言葉だったのに・・・・


でも人間ってもろいものなんですね。。
つい、口からこぼれてしまいました。。



そんな時です。。
職場の上司から、

というか、上司も上司。。
私の勤務する企業グループでも、トップ中のトップ、
社長の次に偉いというお方が、ある本を紹介してくれました。。


その本は、福島大学教授で、経営学の専門家でもいらっしゃる飯田史彦氏の著作で

『生きがいの創造』

という本です。。


国立大学教授の経営学者が書いた本だから、《お堅く難しい本だろう》と思っていたのですが、
本のタイトルに惹かれたということもあり、すぐ購入して読んでみました。。


たぶん、時間さえあれば、1日で一気に読めてしまうほど、
本の内容にどっぷりはまった怪獣でした。。


長くなるので本の感想は次回の日記にまわしますが、
もし、《人生で今が最大の壁だ》というものに、直面している方には、
ぜひお薦めしたい本です。。


特に今の怪獣のように、非科学的なモノの見方を受け入れきれずにいる人には、
まさに、《目からウロコ》という出会いになるかもしれません。。


そいじゃ、今日はもう遅いので・・・・・(笑)。。





いつも、いつも応援ありがとうございますっ。。本当に感謝しております!!
にほんブログ村 子育てブログ 障害児育児へ











コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。