スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
怪獣のつぶやき【本当にただのつぶやきです(笑)・・・篇】
2007年04月29日 (日) | 編集 |
今回の日記は子育てに関するものでもなく、また超ぉご無沙汰している投資に関するものでもありません。。
怪獣が一番夢中になれる、歴史の勉強 についてですので、興味がない方はスルーして下さいね。。ゴメンナサイ。。




怪獣は幼い頃から《歴史》の辞典や参考書を読むのが好きです。。
特定の人物を描いた歴史小説とかではなく、《人類の歴史》そのものに興味があったみたいです。。


その歴史を勉強していて

おもしろいなぁ~!

と最初に思ったのは、どの地域(国)の歴史も、はじまりは

農耕の発明がきっかけだった

という事が自分なりに理解出来た時です。。

[READ MORE...]
スポンサーサイト
怪獣のつぶやき【偏見と嫌悪感 篇】
2007年04月27日 (金) | 編集 |
ラッキー7の男こと伊織クン。。


今週から3歳児クラスに編入してとっても調子がよさそうです。。
みんなの輪の中に入って遊ぶ場面が毎日見られるみたいだし・・・

やっぱクラスを移してもらって正解でした!
先生方には本当に感謝・感謝です!!


ただ、昨日のお迎え時、ちょっとだけ憂鬱になることが~~・・・・・



ラッキー7の男【危うく大惨事?篇】
2007年04月25日 (水) | 編集 |
毎週月曜日、パパがお休みのこの日は家族団らんで過ごせる唯一の日なのですが・・・・


今週の月曜日は、今考えても『ぞっ!』っとする事がおきました。。


ラッキー7の男【クラス変更 篇】
2007年04月22日 (日) | 編集 |
先週の金曜日、伊織クンが現在通っている保育園の園長先生から、

『お母さん、急で申し訳ないんだけどね・・・伊織クンの保育の件でお話がしたいんだけど、時間取れるかしら??』

という申し出がありました。。


え?何だろう??
もしやラッキー7の男・・・・・何かしでかしたのでは???


と一瞬不安になったのですが、
話し合いの内容は・・・・・

ラッキー7の男【Life is 篇】
2007年04月18日 (水) | 編集 |
ラッキー7の男【親のエゴ篇】からのつづきです。。
非常に長いです。。(笑)
それでもよろしければお付き合いくださいね。。






私と同じように子供が障害もっているお母さんたちの話や、療育で通っている発達センターや音楽療法の先生方のお話、また発達の経過を定期的に診てもらっている染色体異常専門の大学病院の先生のお話、以前臨時で勤めていた中学校で、今でも交流を持っている特殊クラスの先生たちのお話、知的障害者更生施設で働いている知人のお話・・・・


いろいろな立場にたって障害児を見てきている人たちのそれぞれの意見を、私なりに収集できる範囲でお話を聞かせてもらっているのですが、



改めて私なりに伊織クンの将来、伊織クンの就学問題を考えた時、伊織クンを養護学校に入学させた方がいいのか、普通学校に入学させた方がいいのか、という問題の前に、



一つだけ、どうしても
譲れない想い
というものが自分の中に存在する事に気がつきました。。


ラッキー7の男【親のエゴ・・・篇】
2007年04月17日 (火) | 編集 |
先日、音楽療法で通っているアンカリヨンの図書室で、《障害児を普通学校へ》という本を見つけました。。


伊織クンはまだ今年4歳になったばかりなので、小学校入学のことを考えるのは早いかな、とも思うのですが・・・・・、いつも頭のどこかでは、伊織クンの就学問題について考えている自分がいます。。



それから・・・・・・、何ヶ月か前のことではあるのですが、
母子通園施設で一緒だったママ友や、先輩ママ友達の集まりに参加した事があって、そこでも子供の就学問題が話題になったことがありました。。



この話が話題になった時・・・・・・

ラッキー7の男【さよならデベソ・・・篇】
2007年04月13日 (金) | 編集 |
11日水曜日・・・・

ラッキー7の男こと伊織クンは、ついに・・・・・・ついに・・・・・


長年のトレードマークであった


デベソ


を・・・・・取ってきましたよぉっーーーーーー!!!






といっても、正確には・・・・・
ラッキー7の男【星に願いを~篇】
2007年04月09日 (月) | 編集 |
先日、自分のストレスだけを吐き出してしまった私ですが、あれから幾分か冷静になれる時間を持つ事ができました。。

また皆さまから頂いたコメントが何よりも私の励みになり、自分でもうそのように気持ちが軽くなっていることに驚いています。。

本当に何とお礼をいえばいいのか・・・・・
本当に、本当にありがとうございました。。


おかげ様で本来の【伊織学】の第一人者としての私が戻りつつあります。。




ラッキー7の男【母のストレス・続篇】
2007年04月05日 (木) | 編集 |
私が感じているストレス。。
それは伊織クンの育児に関する事です。。


伊織クンは7番染色体異常という先天性の障害を抱えているため、発達が遅れています。。


育児書どおりにはいかない彼の育児に対して、不安はいつもつきまとっていました。。
伊織クンが0歳~3歳の頃は

・癲癇の疑いがあり2歳まで薬を飲んでいた(発作はなし)
・夜寝ない
・ミルクを飲む量が少ない
・歯が生え始めて噛もうとしないので丸呑みし、嗚咽を繰り返す
・体重や身長の伸びが遅い
・言葉がでない
・人の髪を引っ張る・または人を引掻く
・痛みににぶい
・人と目をあわさない
・一日中一人遊びに終始する

というのが主に心配の種でした。。
でも夜寝ない事と食事をうまく取れない事以外には、そんなにストレスを感じるほどのものではなく、またこの頃は仕事もしていた事もあって、育児に関するストレスというより、仕事と育児を両立できない、というところに焦りを感じていました。。


この事でイライラの矛先が伊織クンに向かうという事はあまりなく、どちらかといえば矛先はパパに向けていました。。



でもちょっと前から伊織クンには、上記以外にも幾つかの問題行動が顕著に現れるようになってきました。。

特に私が強くストレスを感じる問題行動は次の3つです。。

ラッキー7の男【母のストレス篇】
2007年04月05日 (木) | 編集 |
4月に入って伊葉チャンも伊織クンと同じ保育園に入園し、3日から私もようやく一人になる時間を持つ事ができました。。


とはいっても来週の火曜日から伊織クンがおへその手術と耳の鼓膜チューブを入れる手術を控えているため、とにかく今週はたまった家事とパパのお店の経理を少しでも片付けておかなくては・・・・・・(汗)


でも今回の日記はそれらとは関係がない、怪獣の胸の内を正直に綴りたいと思います。。


実は今年に入ってからの私は、今まで保ってきた精神のバランスが微妙に崩れてきている事を強く感じています。。


胸の内・・・・・というのは、伊織クンの育児からくるストレスのことです。。


実はこの事と向き合うことは、怪獣にとって非常に勇気がいることでした。。
でも今回は自分のためにも、そして伊織クンのためにも必要なことだと感じております。。


ただ読まれる皆様にとっては重い気持ちになるかもしれません。。
それでも読んでやってもいいぞ、と思われる方は、どうぞ怪獣の弱い一面に触れてやってください。。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。