スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
怪獣のつぶやき【仕事復帰のワケ 篇】
2008年01月24日 (木) | 編集 |
うぉ!私にしては今回はめずらしく更新が早いっ!(爆)




いや・・・、
仕事復帰にあたって、《なぜ復帰する気になったのか》という事を、
改めて自分の中でちゃんと自覚しておこうと思ったので、今回日記にまとめてみました。。


仕事復帰の動機は、実は、細かいことから大雑把なことまで、いろいろあるのですが、
今一番、私の心の中を占める大きな動機は、


仕事を通して社会と繋がっていたい


という事です。。
ちょっと抽象的ですが。。



恥ずかしながら、私はこの年になっても、まだまだ世間知らずの甘い部分が多い人間です。。
私達が置かれている社会が今どんな現状にあるのか、知っているようで知らない。。



もちろん家にいても、アンテナさえ張っておけば、社会の現状を知りうる事はできるのですが、私のような感性の鈍い怪獣は、一旦情報が入ってきてもするりと通り抜けてしまう。。



幸い私のやっている仕事は、職員のみならず、たくさんの若い学生達やその保護者、学生達の出身校の先生方、学生達の就職先の企業や官公庁の方々、また特別講師として招いている、地域の様々な業種で活躍なさっている方々との出会いがあり、いろいろなお話を聞ける機会が多々あります。。



鈍感な怪獣にとっては、《生の社会》を実感できる場でもあるのです。。



何事にも中立な立場にたって物事を考えたいと、常日頃心がけているにも関わらず、いつの間にか思いっきり偏ったモノの見方をしまう私には、モッテコイの職場です。。(笑)




実は最近、ある危機感を感じたんです。。
ちょっと前の話ですが、伊織クンの就学の件で、教育委員会と議論を交わしたことがありました。。
その時の私は、相手の方の、無意識に持っている障害者の差別につながる認識を、その方の言葉で読み取り、


何て《罪なき無邪気な無知》 なんだろう・・・
と、心底落胆しました。。


もちろん、その時の話し合いが円滑に進むわけがなく、
相手の方は、障害者について《罪なき無邪気な無知》からくる偏見、また、現状の教育関係の予算の話を持ち出し、どうしても健常の子供たちと同じ場で学ばせたいのなら、子供に必要な支援の半分は、親の労力で負担してもらわなければならない、という事を主張し、

私はというと、障害児でも、健常の子と同じ場で教育を受ける権利がある事、但し、障害がある以上、子供に必要な支援を受ける権利があるという事を、文科省の特別支援教育の基本指針にも打ち出されているはずなのに、親の負担に頼わざるをえないという事を、当たり前の事のように主張する教育委員会に、この矛盾している現状をどう思っているのか、改善する気はあるのか、などと、一向に接点の見えない話し合いでこの日は終わりました。。



でも時間をおいて改めて考えてみると、果たして、《罪なき無邪気な無知》とは、相手の方だけに言える言葉だろうか・・・・



今、日本の教育が抱えている問題を、私はいったいどれだけ知っているというのだろうか・・・
いや、教育だけではなく、社会全体が抱えている問題を、どれだけ知っているというのだ・・・



いじめ、不登校、援助交際、学力低下、学級崩壊、モンスターペアレンツ、教師の心身疾患の増加、孤立する親、児童虐待、若年層による犯罪の増加・・・・

自殺者の増加、ワーキングプア、夢を持てない若者、生活保護費の削減、障害者・老人の虐待、多発する身内による殺人事件、少子高齢化、年金問題、薬害訴訟、地球環境問題、株価下落、円高、地方自治の格差、・・・・・・・




問題点を上げるだけならきりがありませんが、その問題の背景に潜んでいるものが何なのか・・・・
やはり、知っているようで知らない。。






《罪なき無邪気な無知》

これほどまでに罪深いことはないのかもしれない。。

そして私もまた、確実にその一人です。。



今後、障害を持って生きていかなければならない我が子の為に、親として様々な場面で、障害者であっても人格ある一人の人間である、という事を主張していくのはとても大事な事だと思っています。。



でも、社会の他の痛みを知らずに、自分の子供の権利だけを主張してしまえば、ややもすると、

《自分たちだけ良ければそれでいいのか》

という事に繋がりかねません。。


いや、教育委員会と議論した時の私は、まさしくそれそのものだったと思います。。
これでは、私がモンスターペアレンツと言われてもしょうがないですね。。(苦笑)



でも私達、障害者本人や家族が願う、障害者に優しい社会とは、決して《障害者だけに優しい社会》ではないと信じています。。


では具体的に、それはどういった社会なのか、この厳しい現実に絶望し悲鳴を上げている人達が多いこの世の中で、どうすれば一歩でもそこに近づくことができるのか。。



自分の考えを持つためにも、いろんな事を知る必要があると思いました。。



あ、でも気持ちがその事ばかりに向きすぎて、日々の子供たちとの時間を犠牲にしたり、手抜きだらけの関わりになれば、主客転倒してしまいますね。。



自分の生活の中で、何が一番大切なのか・・・・・
その事をちゃんと肝に命じて、これからの新しい生活も頑張っていきたいと思います。。




いつも、いつも応援ありがとうございますっ。。本当に感謝しております!!
にほんブログ村 子育てブログ 障害児育児へ
コメント
この記事へのコメント
コメントありがとうございますっ!!!

v-22《yuurakusyaさん》
yuurakusyaさん、コメントありがとうございますっ。。
本当にいろいろ考えました。。私がどうあれば一番子供たちにとってはいいのか・・・・・
結局結論はでないままで、実際、今でも毎日考えは変わるのですが、でもとりあえずもう一度チャレンジしてみることに決めました。。
きっとまた、山あり谷ありで大変だと思いますが・・・・・(笑)
頑張りますっ!!


v-442《タルちゃん》
タルちゃん、照れるじゃないか・・・・・
いや、でもね、そんな大した怪獣ではないんだよね。。私。。
こういう考え方をするクセというか、なんというか・・・・・(笑)
でも実際の私はまだまだ甘ちゃんなんだよね~・・・・・

タルちゃんのほうこそ、私はいつも尊敬しているよ。。
タルちゃんみたいな母親になりたいっていつも思っているんだよ。。
毎日の生活の中でもっともっと子供たちと密に接したいって思うんだけど・・・・・・なにせ怪獣だから・・・・・大雑把すぎるんだよな~~私。。

ところでさ・・・・
みゆきちゃんやタルちゃんやyuurakusyaさんのコメント以外に全然関係のない変なコメント入っていたんだよ~~。。
目ん玉飛び出るほどびっくりしたーーーー!!
慌てて削除しちゃいました。。いいよね。。


v-254《みゆきちゃん》
みゆきちゃん、コメントありがとう~~。。
だいぶ時間がたっての返信コメントでごめんなさい。。
自分にできるやり方で、社会と繋がれる道を模索してみようと思います。。頑張りますね。。
2008/02/09(Sat) 23:48 | URL  | 怪獣ママ #-[ 編集]
みんな の プロフィールは、アクセスアップをお手伝いするサイトです。
http://blog.livedoor.jp/grrfea/


より多くのひとに貴方のブログを見てもらえます。
2008/01/31(Thu) 06:03 | URL  | みんな の プロフィール #-[ 編集]
 いろいろ考えたのですね。
 仕事を持って、子育てをして、障害者の親として暮らしてきた何十年間かを思い返してみました。
 決して楽ではないのが人生です。自分なりに納得いくように頑張ってください。きっと、爽やかな将来に巡り会えると思います。
2008/01/29(Tue) 10:32 | URL  | yuurakusya&太郎ママ #-[ 編集]
やはり…
怪獣ママが怪獣ママらしくいられる生きかたを選んでるなあ…
と、感じました。
そして、尊敬してます…
私はいつもごくごく自分の周りの事しか考えてない…
社会全体に目を向ける事ができない…
向けようともしない…
空の事で、今後もし、学校との間で問題が起きた時
私はきっと偏ったものの見方しかできないかもしれない。
でも、それでは寄り添えないね…

パワフルにどんどんいっちゃってね!
今年は変化の年だね!
頑張れ!!!
2008/01/24(Thu) 22:28 | URL  | タルト #-[ 編集]
社会と繋がっていく。大切なこと。
2008/01/24(Thu) 06:14 | URL  | みゆきちゃん #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
学級崩壊 に関する検索結果をマッシュアップして1ページにまとめておきます…
2008/01/24(Thu) 07:31:12 |  あらかじめサーチ!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。